無料&ダウンロード不要でオンラインマルチプレイ可能なシューティングゲーム「Airmash」で遊んでみた


Airmash」はオンラインで全世界の人とマルチプレイができる全方向型シューティングゲームです。HTML5で構築されているので、アクセスすればHTML5対応のウェブブラウザ上ですぐに遊ぶことができるので、ソフトのダウンロードやインストールは不要で、スマートフォンでも手軽にプレイ可能です。

ΛIRMΛSH
https://airma.sh/


実際どういうゲームなのかは以下のムービーを見れば分かります。

無料&ダウンロード不要でオンラインマルチプレイ可能なシューティングゲーム「Airmash」のプレイ風景 - YouTube


まずはAirmashのページにアクセスし、名前を入力して、サーバーとゲームモードを選択します。


サーバーはデフォルトだと「Closest(一番近いところ)」となり、日本からアクセスした場合はAsiaサーバーに接続します。ただし、プレイ人数はつながりやすいAsiaサーバーよりもUSサーバーやEuropeサーバーの方が多いことがあるので、適宜切り替えるのもアリです。


ゲームモードは「Free For All」・「Capture The Flag」・「Battle Royale」の3つのモードが用意されています。デフォルトでは「Free For All」となっています。


ゲストログインの他に「SIGN IN」をクリックすると、Facebook・Google・Twitterなどのアカウントでログインすることも可能で、ゲーム中の進行度や実績がアカウントに紐付けされて保存されます。


操作はキーボードで行います。移動は、方向キーの上下W/Sキーが前進/後退、方向キーの左右もしくはA/Dが方向転換となっています。攻撃はSpaceキー、各機体が持つ特殊能力の発動はCtrlキーもしくはShiftキーで発動できます。移動は少し慣性がついてクセがあるので、人によっては慣れが必要。またキーボードではなくゲームパッドを利用して操作することも可能です。


というわけでここからゲームスタート。画面中央に表示されているのが自機。左の緑色のゲージは体力を表しており敵の攻撃を受けると減少し、右の青色のゲージは通常攻撃や特殊能力を使用すると減少します。どちらのゲージも時間が経過すると自然と回復していきます。


ゲーム中で選択できる機体は全部で5種類。画面左の機体一覧をクリックすると変更できます。


ジェット戦闘機の「プレデター」は速度と回復速度は少し高めですが、全体的に平均的な能力です。特殊能力はブーストで、アフターバーナーによって移動速度が速くなります。


「ゴリアテ」はステルス爆撃機で、速度と回復速度はかなり低いですが、防御力と攻撃力は突出して高いです。敵から飛んできたミサイルを跳ね返してしまうという特殊能力を持っています。


戦闘ヘリの「モホーク」は、「ゴリアテ」と全く逆で、速度と回復速度はめちゃくちゃ高いですが、防御力と攻撃力はかなり弱いです。ただし左右の平行移動が可能という特殊能力を持っており、機動力をいかした戦いが期待できます。


カナード翼が特徴的な戦闘機「トルネード」は全体的に平均的な能力ですが、攻撃力は少し高め。また一度に3つのミサイルを発射できる特殊能力を持っており、「プレデター」よりも攻撃的なスタイルと言えます。


ステルス攻撃機「プロウラー」も全体的に平均的ですが、回復速度が少し低く、防御力がわずかに高くなっています。ステルス攻撃機らしく、一時的に敵から姿が見えなくなるという特殊能力を持っています。


撃墜された敵機がたまに落とすアップグレードパーツを拾うと、能力をアップグレードできます。


アップグレードできる能力は自機速度、防御力、回復速度、ミサイルの速度の4つ。それぞれキーボードの1~4キーがホットキーとなっており、アップグレードパーツを拾ったあとでゲーム中にクリックすればアップグレードが可能。


また炎のマークがついた赤いアイテムを拾うと、一時的にミサイルを3発同時に発射できるようになり、攻撃力が激烈にアップします。


3つあるゲームモードのうち、「Free For All」はとにかく目の前の敵を倒しまくるというシンプルなモードです。特に制限時間も残機数の制限もなく、ゲーム中でも自機を切り替えることができるので、このモードで操作に慣れるのがよさげです。


「Capture The Flag」は赤軍と青軍に別れて戦い、敵軍の基地にある旗を自軍の基地まで奪って帰ってくるミッションが課せられます。敵の旗を3回奪うことのできたチームが勝利となります。


「Battle Royale」は最後の1人になるまで戦い続けるモード。他の2つのモードと異なり、撃墜されてしまうとそこで終わりになってしまうので、とにかく撃墜されないことを目指して立ち回らなければなりません。


「Airmash」はHTML5で作られているので、HTML5に対応したウェブブラウザ上であれば、スマートフォンでも遊ぶことができます。試しにiPhone XからSafariでアクセスしてみたところ、無事プレイすることができました。左には移動用の、右には特殊能力とミサイル発射の操作パネルが画面上に配置されました。


以下のムービーが実際にiPhone Xで「Airmash」をプレイしている様子です。

無料&ダウンロード不要のシューティングゲーム「Airmash」をiPhone Xでプレイしてみた - YouTube

・関連記事
あのネタサイト「Windows93」がSP2にバージョンアップされる - GIGAZINE

初期のマッキントッシュ用ソフトの数々をブラウザ上でエミュレートできる「Software Library: Macintosh」 - GIGAZINE

iPhone向けのゲームをブラウザ上で遊べるようにする「Tomboプラットフォーム」を使ってみました - GIGAZINE

「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」のフィールドマップをHTML5でライブマップとして再現 - GIGAZINE

Flash Playerアップデート中止&配布中止へ、Adobeが2020年末でのFlash終了を表明 - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   ゲーム, Posted by log1i_yk