モバイル

AppleのサプライヤーであるSynapticsがディスプレイ上で動作可能な指紋認証センサーの開発に成功


2017年に登場した「iPhone X」は指紋認証機能のTouch IDの代わりに顔認証機能のFace IDを搭載しています。しかし、iPhone Xが正式に発表されるまでの間、Appleが過去に取得した特許などからディスプレイ下部に指紋認証センサーが埋め込まれる可能性も取りざたされていました。そんなディスプレイ下部に埋め込んでもしっかり動作可能な指紋認証センサーを、長年にわたってAppleのサプライヤーを務めているSynapticsが開発に成功しています。

Synaptics Clear ID FS9500 Is the World’s First Fingerprint Sensor That’s Going to Be Embedded in Your Smartphone Display
https://wccftech.com/synaptics-clear-id-fs9500-in-display-fingerprint-sensor/

Synaptics makes available in-display fingerprint sensor to a 'top five' manufacturer
http://appleinsider.com/articles/17/12/12/synaptics-makes-available-in-display-fingerprint-sensor-to-a-top-five-manufacturer

Synapticsが開発したディスプレイ下部に埋め込んでも動作可能な指紋認証センサー「Clear ID FS9500」は、フルカラーガラスを利用したワンタッチ高解像度スキャンで、「3D顔認識機能と比較すると2倍高速にスマートフォンへのアクセスが可能になる」とのこと。この「3D顔認識機能」というのがAppleのFace IDを意図しているのは明らかですが、SynapticsはAppleのサプライヤーだからか、「Face ID」という単語はリリース上には一切出てきません。

Synapticsによると、「OEMのトップ5がSynapticsの最新指紋認証テクノロジー(Clear ID FS9500)を採用している」とのことで、2018年に登場するスマートフォンがディスプレイをタップするだけで指紋認証できるようになる可能性が示唆されています。Clear ID FS9500が提供する機能としては、指紋照合のための「Quantum Matcher」、指紋画像を検査するための「PurePrint」、ECC認証とTLS、さらにAESを組み合わせた「SecureLink」があり、これらはAppleのSecure EnclaveおよびTouch IDのサブシステム上で処理されるものと同様のものです。


SynapticsによるClear ID FS9500のリリースは、技術の詳細ではなく「OEMのトップ5」がSynapticsと提携しているという点について語られたものであるそうです。ただし、「OEMのトップ5」がどのメーカーを指しているのかは定かではありません。なお、スマートフォンのOEMといえばSamsungが第一に挙げられる、とApple関連ニュースメディアのAppleInsiderは記しています。

なお、SynapticsはiPhoneのタッチスクリーン用コンポーネントを供給しており、アナリストによるとApple向けの作業に特化した特別な施設はないものの、Synapticsのエンジニアの「相当数」がAppleで働いているのを実際に目撃しているとのことです。

・関連記事
ハッカーがiPhoneに搭載されたTouch IDの「ブラックボックス」の一部を解読成功して公開 - GIGAZINE

次期iPhoneはディスプレイ上で指紋認証ができる可能性 - GIGAZINE

次世代iPhoneは5.8インチの全面有機ELディスプレイでホームボタンの代わりに「ファンクションエリア」を採用か - GIGAZINE

10周年記念の次期iPhoneが1000ドル超えの「高級iPhone」になる理由 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by logu_ii