iPhone SE2が2018年前半に登場するとの情報、iPhone X風のベゼルレスディスプレイは期待薄


iPhone 8シリーズやiPhone Xなど大画面の高級モデルiPhoneがリニューアルされましたが、4インチモデルのiPhone SEについては後継モデルの発表はありませんでした。手の中サイズの4インチモデルiPhoneとして一部で根強い待望論があるiPhone SEの後継機について、2018年前半に発売予定という情報が持ち上がっています。

iPhone SE2 傳緯創獨家代工 | 中文台灣產業報導 | CENS.com
http://cens.com/cens/html/en/news/news_inner_50883.html

Exclusive: iPhone SE 2 to be Completely 'Made in India' (Updated)
https://www.tekz24.com/iphone-se-2/

台湾の經濟日報が、4インチモデルのiPhone SE後継機(仮称iPhone SE 2)が2018年上半期にリリースされる見込みだと報じました。iPhone SE2は、インドのベンガルール工場で台湾のWistron独占製造になると述べています。iPhone SEの一部モデルは2017年5月からインドで製造されていますが、經濟日報の情報が正しければ、iPhone SE2はインドでのみ製造される廉価版となる見込みです。なお、Wistronがインドの工場用地を探しているという報道もあります。

これまでにもiPhone SE2に関する情報は継続的に出されており、インドのTekz24によると、iPhone SE2はSoCに前世代のA10 Fusionチップを搭載するとのこと。メモリは2GBでストレージは現行モデルと同じく32GBと128GBの2種類。iSightカメラ(リアカメラ)は1200万画素、FaceTimeカメラ(フロントカメラ)は500万画素で、バッテリー容量は現行モデル比で微増の1700mAhとなると予想しています。


iPhone SE2の特徴については、「iPhone Xと同様のベゼルレスディスプレイを搭載する小型版のハイエンドモデルになる」との予想が一部で上がっていますが、經濟日報の情報が正しければ、小型版iPhone Xは期待薄と言えそうです。

以下は、iPhone XライクなベゼルレスiPhone SE2のコンセプトムービー。

iPhone SE 2018 Introduction! - YouTube


小型サイズのハイエンドモデルを希望するユーザーは一定数いますが、これまで出ているリーク情報を総合すると、AppleはあくまでiPhone SE2をインドをはじめとする新興国を中心とした世界戦略のための廉価版と位置づける方針であると考えるのが自然です。iPhone SEが2016年3月という、iPhone新モデルが発表される9月を外して登場したことから、新型のiPhone SE2が2018年3月に発表される可能性も十分考えられます。

・関連記事
低価格版「iPhone X」が2018年に登場、と報じられる - GIGAZINE

古いiPhoneでiOS 11をサクサク動かすために設定すべき8つのセッティング - GIGAZINE

iPhone SEを分解、メモリ2GB&防水処理アリでディスプレイなどはiPhone 5sのパーツが多数流用されていると判明 - GIGAZINE

次期iPad Proは大画面化もベゼルレスでサイズは不変&ホームボタンは廃止か - GIGAZINE

11万円超えのiPhone Xは「バリュープライス」とAppleのティム・クックCEOが発言 - GIGAZINE

471

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by logv_to