複数ツイートの順番を自由に入れ替えて一気に投入できる公式ツイートストーム機能をTwitterがテスト中


Twitterが長文ツイートを順序立てて並べ替えて一気に投稿できる新機能をテスト中であることが、一部のユーザーから報告されています。

Twitter's tweetstorm feature starts showing up in the Android app
http://www.androidpolice.com/2017/11/16/twitters-tweetstorm-feature-starts-showing-android-app/

Twitterの文字数制限については英語圏ユーザーを中心に拡張してほしいという要望が多く、2017年11月に従来の2倍の「280文字」へと拡大されました。なお、日本語は従来通り140文字に据え置かれています。

ついにTwitterが文字数制限を280文字に拡大 - GIGAZINE


当初、「マイクロブログ」サービスとして誕生したTwitterですが、ブログのように長文をツイートする利用法も登場しており、長文を読みやすいようにタイムライン上に表示するために、ユーザーは自分のツイートに返信するという形でつぶやくという形をとることがあります。しかし、この操作は面倒なだけでなく、順番を間違うミスを犯しやすいという欠点があります。

そのため、「複数のツイートを順序よく並び替えて一気にツイートできる機能」が待たれていましたが、モバイル向けTwitterアプリ内で隠れ機能として含まれていることが2017年9月に判明していました。


この複数ツイートを順序立てて一気にツイートする機能を、Twitterは2017年11月に入って、一部ユーザー限定でテストしていることが報告されています。

以下のツイート画面はAndroid Policeが投稿したテスト版の画面。画面右上にはユーザーアイコン画像が確認できます。


ツイートを並べ替える画面はこんな感じ。タイムライン形式で時系列に複数のツイートを作成でき、ツイートは並べ替えられます。


複数のツイートが完成したら、画面右上の「Tweet all」ボタンをタップすれば、順番通りにすべてのツイートを一気に投稿できるというわけです。


今回テスト中であることが判明した新機能は、どれくらいの数のツイートを一気に投稿できるのかは不明です。また、正式リリース時期もわかっていません。なお、使い方によっては「ツイートストーム」にも悪用できそうなため、いたずらっぽく「公式ツイートストーム機能」と表現されています。

・関連記事
ついにTwitterが文字数制限を280文字に拡大 - GIGAZINE

Twitter廃人度を数百万のアカウントをもとにランキング化した「日本Twitter廃人ランキング」 - GIGAZINE

Twitter上の迷惑ユーザーを駆逐すべく1度に複数ツイートを迷惑行為として報告可能に - GIGAZINE

Twitterが「広告非表示」というVIP待遇を施すユーザーとは? - GIGAZINE

Twitterが140文字制限を突破して長文ツイートできる仕様を計画中 - GIGAZINE

194

in ネットサービス, Posted by logv_to