ボストン・ダイナミクスの4足ロボット「SpotMini」改良版はキモさが少し減退


Googleの手を離れソフトバンクが買収したロボット開発企業のBoston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)が、四足歩行ロボット「SpotMini」の新バージョンをムービーで公開しました。ど派手なイエローの外装をまとう新型SpotMiniは、動きもなめらかになり「キモさ」が大幅に減退しています。

新型「SpotMini」の動きは以下のムービーで確認可能。

The New SpotMini - YouTube


のっそのっそとこちらに向かってくる新型SpotMini。金属フレームむき出しの旧型から、黄色の外装を備えて、洗練された印象になっています。


カメラの前でぴたりと静止。


カメラをのぞき込むSpotMini。


体勢を低く構え、飛びかからんばかりの状態に。く、来るのか……?


と思いきや、姿勢を伸ばして前方を見ました。ただの「お辞儀」だったのかもしれません。


再び軽快に歩き始めたSpotMiは、「巣」に帰って行きました。


「Coming soon」ということで、近く、詳細について発表があるようです。


ぎこちない動きと、むき出しフレームが生々しかったSpotMiniは、黄色の洗練された外装を持ち、動きもよりいっそうなめらかになっている模様。なお、2016年6月時点における旧型SpotMini動きは、以下のムービーで確認できます。バナナの皮を踏んですっころんでいたSpotMiniは、着実に進化を遂げているようです。

Introducing SpotMini - YouTube

・関連記事
ボストン・ダイナミクスのロボット「Handle」は華麗にジャンプし45kgの荷物を運び雪道も難なく走行できることが判明 - GIGAZINE

人型ロボ「アトラス」が倒されても荷物を奪われてもめげずに任務を遂行するシュールなムービー - GIGAZINE

蹴られてもめげない小型四足歩行ロボット「Spot」をボストン・ダイナミクスが公開 - GIGAZINE

ソフトバンクが数々のロボット開発で知られる「ボストン・ダイナミクス」と「Schaft」を買収 - GIGAZINE

Googleの不気味な四足歩行ロボットがサンタのトナカイになり泣く子も黙る恐怖のクリスマスに - GIGAZINE

390

in ハードウェア,  動画, Posted by logv_to