Boseが先行テスターを募集するも応募殺到で即終了となった質の高い睡眠を得られるイヤホン「noise-masking sleepbuds」とは?


音響機器メーカーのBoseが、就寝中に着用することで外部からの騒音によって眠りを邪魔されず、質の高い睡眠を得られるヘルスケアイヤホン「noise-masking sleepbuds」を発表しました。製品化が確実なnoise-masking sleepbudsの先行テスターをBoseがクラウドファンディングで募集したところ、応募者殺到で即募集打ち切りとなっています。

Bose noise-masking sleepbuds | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/bose-noise-masking-sleepbuds-sleep-health#/

「noise-masking sleepbuds」とはどんなワイヤレスイヤホンなのか、なぜ開発されたのかという経緯については、以下のムービーで解説されています。

Bose noise-masking sleepbuds - YouTube


Boseはスピーカーやヘッドホンなどの音響機器で一定の成功を収めてきました。いずれも音楽によるエンターテインメントの要素が根本にある製品です。


これに対して、「noise-masking sleepbuds」はヘルスケア、特に「睡眠」にフォーカスした製品だとブライアン・マルカヒー氏は述べています。


製品開発責任者のリズ・ダイレウィクス氏によると「健康のために必要とされるのは3つの要素。それは質の高い食事・運動・睡眠です」


「しかし、犬の鳴き声などの騒音や一緒のベッドで眠る人のいびきなど、多くの音によって快適な睡眠が妨げられています」


「多くの人は健康のために『食事』『運動』について注意していますが、『睡眠』へのケアが足りていません。がんやアルツハイマー病などのさまざまな病気と睡眠との関連性がわかってきている中で、質の高い睡眠の確保が求められています」とマルカヒー氏が語るとおり、noise-masking sleepbudsは見落とされがちな「良好な睡眠環境」を整えるために開発されたイヤホンだというわけです。


noise-masking sleepbudsはワイヤレスタイプのイヤホンで、睡眠を妨げる「望まない音」を遠ざけるために設計されています。


開発には数年の期間をかけたとのこと。


noise-masking sleepbudsでは「ノイズマスキング」という技術を使って騒音によって睡眠が妨げられるのを防ぐと、エンジニアのダニエル・リー氏は述べています。一般的なノイズキャンセリング機能は位相の異なる音波によって音を打ち消す技術で、飛行機や電車内の低周波の音の軽減に有効です。これに対してnoise-masking sleepbudsが採用するノイズマスキング機能は、階調の変化する音楽を流し続ける中で、睡眠を妨げる雑音を意識できないレベルに埋没させることで、質の高い睡眠を継続させることができます。


就寝中に耳に着用するnoise-masking sleepbudsは、付けごこち自体が高い快適性を求められる製品です。


外耳にしっかり取り付いてホールドできるように、サポーターは柔らかい素材で作られています。


睡眠時に快適に装着できるようにと開発されたnoise-masking sleepbudsは、Bose史上最も小さな製品だとのこと。


noise-masking sleepbudsの使い方は3ステップ。まずは専用アプリをインストールしたモバイル端末とペアリングした後、耳に装着。


あとはアプリから好みの音楽を選ぶだけ。タイマーをセットできるので、目覚まし時計機能も搭載しています。


バッテリーはフル充電で二晩保ち、専用のイヤホンケースに収納することで1回分のフル充電が可能です。


noise-masking sleepbudsはクラウドファンディングサイトIndiegogoで、先行モニターを募集中。クラウドファンディングでよくある製品化に向けた資金調達という目的ではなく、製品化に向けて改良点を洗い出し製品の品質を高めるためにユーザーのフィードバックを求めているのが特徴です。2018年後半に市販化が予定されているnoise-masking sleepbudsのハードウェア・ソフトウェア両面を洗練させるために、少なくとも300人以上のモニターによる製品使用テストとフィードバックが必要だとBoseは考えています。


「noise-masking sleepbudsは何百万人もの人の健康を改善させる力を持っています」とマルカヒーは語っています。


noise-masking sleepbudsはIndiegogoにおいて185ドル(約2万1000円)で購入可能。製品の予定価格は249ドル(約2万8000円)なので、モニターとなれば約25%の割引で購入できるというわけです。


Android・iOS両対応の専用アプリを使って、睡眠の質を維持できます。


快適な睡眠のために流すヒーリング音楽は10種類から選べます。なお、noise-masking sleepbudsはあくまで睡眠改善を目的として就寝中に使用する端末であり、手持ちの音楽を聴くためのワイヤレスイヤホンとして使うことはできません。


製品化までの最終テスト段階にあるnoise-masking sleepbudsはIndiegogoのベータテスターには、専用のケースや充電ケース、ケーブルなどがセットで提供されます。


Boseは2018年後半にnoise-masking sleepbudsを発売予定で、Indiegogoでゲットしたテスターに対しても製品版までソフトウェアをフルサポートするとのこと。ハードウェアは変更の可能性があるため完全サポートは保証できませんが、万一、製品版でハードウェアの改良がある場合は、先行テスト参加者には市販版イヤホンを優先的な価格で購入できるようにすると確約しています。


noise-masking sleepbudsの先行モニター申し込みの期限は、記事作成時点で24日間残していますが、残念ながら1880台用意された予定数に到達してしまっています。

Bose noise-masking sleepbuds | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/bose-noise-masking-sleepbuds-sleep-health#/

・関連記事
周囲の雑音をカットして聴きたい音だけが聞こえてくるイヤホン「Hearphones」をBoseが発表 - GIGAZINE

これまで秘密主義だった世界有数の音響メーカー「BOSE」を支える2人の人物とは? - GIGAZINE

すやすや快眠を可能にする、オンキヨー共同開発の脳波測定ヘッドフォン「Kokoon」 - GIGAZINE

Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」が届いたので本当に落ちたりしないのか、使い勝手など実際に試してみた - GIGAZINE

眠りやすくなるということでYouTubeで500万回以上も再生されている音楽 - GIGAZINE

音がない「静寂」は人間の体にどのような影響を与えるのか? - GIGAZINE

明晰夢を見られるように誘導してくれるヘッドバンド「LUCI」 - GIGAZINE

騒音を99%カットするソニーのノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-NC500D」体験レポート - GIGAZINE

307

in ハードウェア,  動画, Posted by logv_to