アウトドアでもモバイル機器を充電できる水力発電機「Enomad-Uno」を使ってみた


水流の力でモバイル機器を充電できるプロペラ水力発電機として、以前「BLUE Freedom」を使ったことがありますが、平たいUFO型の「Blue Freedom」より持ち運びやすい「Enomad-Uno」が登場しました。2016年夏にKickstarterで出資を募っていた「Esteam」が無事製品化されて名前を改めたもので、実物がとうとう編集部にも届きました。実際にこの水力発電機がどれほどの発電能力を秘めているのか、河川敷で試してみました。

energynomad
https://www.energynomad.com/

実際に川の水流の力でプロペラを回して、発電している様子は以下のムービーで確認できます。

モバイル機器用の水力発電機「Enomad-Uno」の発電の様子をGoProで撮ってみた - YouTube


パッケージは普通の段ボールに「Enomad-Uno」の製品が印刷されたもの。


裏側には、「Enomad-Uno」の充電時間と発電できる目安が書かれています。水流での充電時間は5~6時間で、AC電源を使ったときの充電時間と変わらないようです。「Enomad-Uno」を満充電すると、スマートフォンを2~2.5回充電できるとのこと。ちなみに、「Enomad-Uno」のバッテリーは5600mAhです。


箱を開けると中には、まず本体に……


係留用のロープ


ロープを固定するためのくいと……


本体のダクト部分。


ダクトを固定するためのダクトウイング……


そして、モバイル機器充電用のケーブルとしてLightning端子が付いたケーブルが付いています。


Lightning端子を外すとMicro-USB端子のケーブルが出てきます。USB Type-Cポート搭載の端末を充電する場合は、別途USB Type-Cコネクタのついたケーブルか、変換コネクタを用意する必要があります。


最後に「Enomad-Uno」をライトとして使う時に使用するベースキャップ。


「Enomad-Uno」の本体の下段にはバッテリーが格納されており、Micro-USBポートとUSBポートがついています。


Micro-USBケーブルとアダプタを使ってAC電源に接続し、充電を行います。インジケータが赤色に光っていますが、これはバッテリーが0%~40%の状態であることを示しています。このあと、充電が進むにつれて空色(40%~60%)、青色(60%~70%)、緑(70%~100%)と変化していきます。


底面には「電源」ボタンがあり、これを押すと……


天面のライトが点灯します。


ここにベースキャップと本体のキャップ部分を付けると、簡易ライトとして使うことができます。


次に、「Enomad-Uno」を水力発電用に組み立てます。まず、本体部分の白い半透明のキャップを外し、本体下段に取りつけます。


プロペラを開き……


プロペラ中央のノブを左に少し回して、プロペラを固定します。


本体にダクトウイングを取り付け……


ダクトを取りつけて完成。


水力発電用に組み立てた「Enomad-Uno」とiPhone Xを比較すると、高さ・幅の両方ともiPhone Xより一回り大きい印象。


実際に水力発電の能力を確かめるため、河川敷にやってきました。前日に雨が降ったわけでもないため、非常になだらかな川の流れです。


河原にくいを打ち、係留用のロープで固定します。


「Enomad-Uno」に係留用のロープを固定し、放流します。


目の前の緩やかな流れで試してみた様子がコレ。プロペラは全く動かず、発電失敗。

モバイル機器用水力発電機「Enomad-Uno」を緩流で発電できるか試してみた - YouTube


もうちょっと流れの速い場所を求めて、上流側へ移動。よさげな場所を見つけたので、ここで試してみることに。


今度はプロペラが回り、発電に成功しました。ムービーでは、プロペラが勢いよく回る様子が確認できます。

モバイル機器用水力発電機「Enomad-Uno」を急流で発電させてみた - YouTube


GoProで見ると、発電中に本体のインジケーターが光っていることが確認できます。

モバイル機器用の水力発電機「Enomad-Uno」の発電の様子をGoProで撮ってみた - YouTube


1時間ほど「Enomad-Uno」のバッテリーを充電して、編集部に戻り、完全に電池の切れたiPhone 6Sを充電してみます。ここで、USB簡易電圧・電流チェッカーを使って、実際の電流と電圧も調べてみます。


電流は0.91A。


電圧は5.09Vでした。


計測してすぐに「Enomad-Uno」のバッテリーが切れてしまいました。iPhone 6Sは復帰していませんが、電源ボタンを押してみると、充電の警告画面が表示される程度には充電ができたようです。


急流ではうまくプロペラが回っていたように見えましたが、実際には葉っぱやゴミが絡みついて回転速度が落ちることもあり、1時間程度ではiPhoneを起動させるだけの発電はできませんでした。ある程度の流れがある場所で、うまくプロペラが安定して回るように設置できれば、たとえばキャンプで寝る前にセットして、翌朝には蓄電完了、という使い方ができるかもしれません。

「Enomad-Uno」の価格は1台280ドル(約3万2000円)。記事掲載時点では、日本への配送は受け付けていないようです。

・関連記事
世界最小、川辺でモバイル機器を充電できるプロペラ水力発電機「Blue Freedom」レビュー - GIGAZINE

車体そのものに充電することでバッテリーが不要のスーパーEV「テルツォ・ミッレニオ」をランボルギーニとMITがコラボで発表 - GIGAZINE

Appleがついに公式サイトでイヤホンを使いながら充電が可能になるアダプターを販売 - GIGAZINE

ワイヤレス充電に対応したiPhone 8でさっそく置くだけ充電を試してみた - GIGAZINE

スマホを近くに置くだけで複数台へ同時に給電できるワイヤレス充電端末「Pi」 - GIGAZINE

183

in レビュー,   ハードウェア, Posted by log1j_ty