「マスカルポーネ ティラミスラテ」などタリーズのホリデーシーズン限定メニュー12種類を味わってみた


コーヒーショップのタリーズから、2017年を11月2日(木)より冬季のホリデーシーズン限定で「アイリッシュラテ」 「マスカルポーネティラミスラテ」ほか、ドリンクやホットミール、全12種類が登場しました。エスプレッソを使ったドリンク、ベリーをふんだんに入れたスイーツ、新く加わったホットミールなど、秋から冬の期間限定メニューを実際に行って、味わってきました。

“Customize Your Holiday Season"「アイリッシュラテ」「マスカルポーネティラミスラテ」などを11月2日(木)より発売 プレスリリース(2017/10/25) | プレスリリース | 会社情報 | TULLY'S COFFEE - タリーズコーヒー
https://www.tullys.co.jp/company/pressrelease/2017/10/holiday_2017.html



タリーズに到着。


ホリデーシーズン限定メニューのドリンク3種をアイスとホットで6品、フードを6品、合計12品を注文しました。


まずは、カフェラテの「マスカルポーネティラミスラテ」をホットで飲んでみます。価格はサイズがショートが税込み490円、トールが530円、グランデが590円です。ケーキのイタリアンドルチェティラミスをモチーフにしており、トッピングに白いマスカルポーネホイップクリーム、その上から赤いフリーズドライのストロベリーと茶色いココアをちりばめています。


飲んでみると、マスカルポーネホイップクリームのまろやかな甘みとエスプレッソの苦みで、ティラミスのようにハーモニーを生み出し、さらにストロベリーの酸味がアクセントになっています。


つづいて、アイスの「マスカルポーネティラミスラテ」を飲んでみます。


アイスだとクリームの立ちが良くなり、冷たくて甘いので、ティラミスのようなデザート感覚で飲めます。


次は、カフェラテの「アイリッシュラテ」をホットで飲んでみます。価格はサイズがショートが税込み470円、トールが税込み550円、グランデが610円です。このメニューは毎年冬になると季節限定で登場しているもので、アイルランド発祥といわれる「アイリッシュコーヒー」をモチーフに洋酒のフレーバーが含まれています。トッピングには、キャラメルソースがかかったクリームがのっています。


飲んでみると、エスプレッソとクリームの香りが強いのか、洋酒のフレーバーは強く感じられませんでしたが、エスプレッソの芳醇な香りとキャラメルとクリームの濃厚な味を楽しめます。


つづいては、アイスで「アイリッシュラテ」を飲んでみます。


飲んでみると、クリームとキャラメルソースの甘みがあっても、氷とエスプレッソの苦みで、サラッと飲めます。


次は、「&TEA」(ティー)の「カベルネ&ストロベリーティー」をホットで飲んでみます。季節ごとに展開しているフルーツティーの1つで、価格はサイズがショートが税込み430円、トールが税込み490円。なお、グランデはないので注意。トッピングに、ストロベリーの果肉が浮かんでいて、ドリンクには赤ワインのブドウ品種「カベルネソーヴィニヨン」などの果汁が含まれているのでフルーツ尽くしです。近づけると、ベリー系フルーツと紅茶で酸味がかった香りが、湯気とともに立ち上ります。


飲んでみると、果汁の控えめな甘さと酸味に、果肉のやわらかい食感がします。「カベルネ&ストロベリーティー」のホットは、紅茶とベリー系フルーツの相性の良さを実感できるドリンクになっています。


つづいて、「カベルネ&ストロベリーティー」をアイスで飲んでみます。


飲んでみると、ホットに比べて、果肉の歯ごたえが強く、紅茶の香りは弱く感じます。アイスだと、果汁の酸味と紅茶の渋みが、後味をさっぱりさせ爽やかな味に仕上がっています。


次は、ホットミールの「サラダピッツァ デミグラスビーフ」を食べてみます。価格は税込み490円。ピザ生地からはレタスがはみ出ていました。


開いてみると、レタスやニンジンなどの野菜がたっぷり挟まっていました。ピザ生地と野菜の隙間には茶色いデミグラスソースが見えています。


手づかみで食べてみます。


ローストされたピザ生地が香ばしくモチモチ、野菜がシャキシャキと食感が良く、デミグラスソースのコクとひき肉のうま味があり、トマトの酸味とトロっとしたチーズがアクセントになっています。


次はスイーツの「クラシックパンケーキ ミックスベリーショコラ」を食べてみます。価格は税込み750円。


パンケーキ1枚の直径は約12センチ。


茶色い網を描いているのはチョコシロップでした。


赤いのは、4種のベリーを使ったベリーソース。


上には、クリームがのっています。


まずは、生地から食べてみます。バターが香り、フワフワな食感と控えめな甘さで、チョコシロップの苦みがアクセントになっています。


クリームとベリーソースをのせて一緒に食べると、味に濃厚さが加わります。濃厚さで口の中がクドくなっても、ベリーソースがリセットしてくれるので、食が進みます。


続いては、「ミルクレープ クリーミーティラミス」。価格は税込み430円。


断面を見ると、黄色と白がしま模様を描いていました。黄色はクレープ生地、白いクリームはマスカルポーネクリームとホイップクリームの2種類が合わさっています。土台の茶色いスポンジ生地にはコーヒーの「エスプレッソ クラシコ」が含まれています。


フォークを入れてみるとスッと切れ、絹ごし豆腐ぐらいの柔らかさに感じました。


食べてみると、クレープ生地が柔らかく、まるで口に入れたクリームと一緒に溶けているようです。マスカルポーネクリームの酸味と、ホイップクリームの甘みがバランス良く合わさっており、「エスプレッソ クラシコ」のほろ苦い味が、酸味と甘味を際立たせます。


次のスイーツ、「ホリデーリース」はカラフルなドーナツで価格は税込みで280円。


見た目は、クリスマスのリースをイメージしており、白・緑・のチョコレートと、赤色のフリーズドライストロベリーでコーティングされているので、色合いが少し華やか過ぎるように感じました。なお、生地が黒いのは、ブラックココアが練り込まれているため。


食べてみると、生地がほろ苦く、食感がモチモチで、甘いチョコーレートと、酸っぱいドライストロベリーがアクセントになっています。また、生地の水分が少なく、チョコがレートが甘いので、コーヒーと一緒に食べると相性が良さそうと感じました。


つづいては、2種類のクッキーの「ホリデークリームサンド キャラメルサレ&ショコラ」、両方とも1個税込み200円。


パッケージから出してみました。左が「ホリデークリームサンド キャラメルサレ」、右が「ホリデークリームサンド ショコラ」です。


両方とも大きさは同じ。名刺サイズより一回り小さいぐらいで、長辺が約6センチほど。


プレーン生地の「キャラメルサレ」は、「アルゼンチン産湖塩」を入れたキャラメルクリームを挟んでいます。


食べてみると、サクサクと歯切れの良いプレーン生地に、甘いキャラメルクリームの塩気がアクセントになっています。


「ショコラ」は茶色いココア生地で、フランス産チョコレートクリームを挟んでいます。


食べてみると、チョコレートクリームが甘く、ほろ苦いココア生地が味に緩急をつけます。


最後は、「タリーズチョコレート テルゼット・ドルチェ」。小粒のチョコレート3種類がセットになっており、価格は税込みで350円。


お皿に取り出してみました。左から「カフェショコラ」、四角い「アーモンドプラリネ」、白い「ストロベリーホワイトチョコ」の全3種です。


まずはカフェショコラから。中のコーヒー顆粒が香る、ほろ苦いチョコレートになっています。


アーモンドプラリネの表面には、筆記体で「Tullys Coffee」(タリーズコーヒー)と書かれています。


食べてみると、香ばしいアーモンドガナッシュが入っていました。


最後は、ストロベリーホワイトチョコ。ホワイトチョコレートでコーティングされており、上にはフリーズドライストロベリーがのっています。


食べてみると中にはホワイトクランチとコーンフレークが入っていて、ザクザクッとした食感になっていました。


ホリデーシーズン限定メニュー12種類はどれも、季節を意識した素材や、味や食感が単調にならないようにアクセントを入れ、工夫を凝らしたメニューになっていました。なお、今回レビューしたホリデーシーズン限定のドリンクやフードは期間限定なので要注意です。

◆「アイリッシュラテ」(ホット&アイス)ショート:税込み470円、トール:税込み530円、グランデ:590円
◆「マスカルポーネティラミスラテ」(ホット&アイス)ショート:税込み490円、トール:税込み550円、グランデ:610円
◆「&TEA カベルネ&ストロベリーティー」(ホット&アイス)ショート:税込み430円、トール:税込み490円
◆「クラシックパンケーキ ミックスベリーショコラ」:税込み750円
◆「ミルクレープ クリーミーティラミス」:税込み430円
◆「ホリデーリース」:税込み280円
◆「サラダピッツァ デミグラスビーフ」:税込み490円
◆「ホリデークリームサンド キャラメルサレ&ショコラ」各200円、6個入りセット:税込み1200円
◆「タリーズチョコレート テルゼット・ドルチェ」:3個入りセット350円

また、これらのメニューに併せて、ホリデーシーズン限定のマグなどのグッズや、コーヒー豆とフードの持ち帰りセットも登場しています。

・関連記事
「健康にいいコーヒー」の作り方を科学する - GIGAZINE

「おいしいコーヒー」を化学と物理に基づいて作る - GIGAZINE

スタバ店員が選ぶ「最悪な注文カスタマイズ」集が色んな意味ですごい - GIGAZINE

コーヒーはがんの原因にならないことを世界保健機関が発表、ただし熱すぎる飲み物はがんの原因になる - GIGAZINE

ラッパーが世界一高級なコーヒー「コピ・ルアク」を高級マシンで淹れて飲むとこうなる - GIGAZINE

コーヒーを飲んでいる人は死のリスクが低い、最も生存率が高くなる飲み方は? - GIGAZINE

53

in 試食, Posted by log1f_yi