×
デザイン

チーズがパティの下に挟まった絵文字の修正に「すべてを投げ打つ」とGoogleのピチャイCEOが表明

by Perry Hall

同じ絵文字でも機種が違うとデザインが微妙に異なるというのはよく知られた話ですが、「チーズバーガー」の絵文字の場合、Appleは上からバンズ・トマト・チーズ・パティ・レタス・バンズという挟み方なのに対して、Googleではバンズ・レタス・トマト・パティ・チーズ・バンズという違いがあることがわかりました。これを知ったGoogleのサンダー・ピチャイCEOは「すべてを投げ打って修正します」とTwitterで表明しました。

ピチャイCEOの反応のもとになったツイートはコレ。編集者・ライターとして活動しているThomas Baekdal氏(@baekdal)による「なぜAppleはチーズをパティの上に置いたのに、Googleはチーズを一番下に挟んだのか、話し合うべきではないか?」というツイートです。


Baekdal氏は誰ともなしにツイートしたのですが、回り回ってこのツイートはGoogleのサンダー・ピチャイCEOの目に入ることに。しかも、修正を最優先にするという反応のおまけつきでした。


Baekdal氏によると、このツイートは200万回以上も読まれることになったそうです。


ちなみに、チーズバーガーの具を挟む順番としては、チーズは熱でとろけるようにという意図か、パティの上に置くケースがオーソドックスなようです。

世界三大ブルーチーズの1つが入ったロッテリア「3種のとろける絶品チーズバーガー」試食レビュー - GIGAZINE


マック軍・東京ローストビーフバーガーとマクド軍・大阪ビーフカツバーガーを食べてみた - GIGAZINE

・関連記事
絵文字の文字コードや名前などがわからないときに入力・コピペするだけで正体が判明する「WhatMoji」 - GIGAZINE

新絵文字56種類が追加された「Unicode 10.0」が発表される - GIGAZINE

適当にお絵かきすると似た絵文字を見つけ出してくれる「Shapecatcher」 - GIGAZINE

謎の絵文字みたいなフォント「Wingdings」はなぜ存在しているのかという知られざる歴史 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   デザイン,   , Posted by logc_nt