しっとりやわらかほわっほわの白いコッペパン「コメダ謹製 やわらかシロコッペ」が名古屋駅にオープンしたので食べてみました


東京や名古屋にて何度か期間限定販売していた、コーヒーチェーン「コメダ珈琲店」こだわりのコッペパン「コメダ謹製 やわらかシロコッペ」が、2017年9月27日より名古屋駅の常設店舗で販売されることになりました。小麦粉・発酵・焼き方にこだわりぬいた少し白めのコッペパンは、しっとりとやわらかくほわっほわの食感が特徴とのことなので、その味を確かめるべく名古屋まで赴いて手に入れてきました。

〈鐵板堂「コメダ謹製 やわらかシロコッペ」〉が9月27日(水)にオープン! | 名鉄百貨店 本店
http://www.e-meitetsu.com/mds/event_brand/0927teppandou/

「コメダ謹製 やわらかシロコッペ」は名鉄百貨店本店地下1階の「スイーツステーション」の中にある、「鐵板堂(てっぱんどう)」にて販売されています。


店頭には21種類ものコッペパンが所狭しと陳列されていました。


お目当てのコッペパンがない場合は、目の前で素早く作ってくれるようです。


メニューは「やさしい甘さ」和コッペ、「おやつにいかが」洋コッペ、「ランチにぴったり」おかずコッペの3種類に大別されていました。今回は「和コッペ」からおすすめの「小倉マーガリン」、「洋コッペ」から一番人気だという「クッキー&バニラクリーム」、「おかずコッペ」からは最強コンビと銘打たれた「ポークたまご」、それに加えて季節限定の「熊本県産 和栗クリーム」も注文しました。


持ち帰るための袋には、「コメダ謹製 やわらかシロコッペ」のキャラクターがプリントされています。


今回は4種類の「コメダ謹製 やわらかシロコッペ」を手に入れました。


まずは名古屋らしい「小倉マーガリン」。トーストに小倉あんをトッピングする「小倉トースト」は、コメダのモーニングの名物でもあります。


包装から取り出した「コメダ謹製 やわらかシロコッペ 小倉マーガリン」は、うっすらと小倉あんがのぞきます。これだけ見ても「白いコッペパン?」と疑問に思いますが……


コンビニで買ってきた一般的なコッペパンと並べると一目瞭然。その名に違わず、かなり白いコッペパンです。


中には一面のあんこと、うっすらマーガリン。開くとマーガリンの香りがふわっとただよってきました。


ひときれ口に運ぶと、ふわふわしっとりとした食感が優しく、やさしい甘さのあんことの相性はバツグン。一般的なコッペパンにある、表面の皮のように固くなっている食感がないぶん、マーガリン・あんこのなめらかな味わいが際立ちます。コメダ謹製と銘打っていることもあり、柔らかな口溶けがコーヒーにもよく合うとの感想も。


次は「洋コッペ」シリーズから、女性に人気だという「クッキー&バニラクリーム」。外見に「小倉マーガリン」との違いはありません。


中を開くと、まだら模様のなめらかなクリーム。白いコッペパンとの見た目がマッチしています。


こちらもひときれ試食。やはりしっとり生地はクリームとあっていますが、クリームは量が少ないせいか味わいとしては物足りなさを感じました。サクッとクッキーの食感があるのはかなり良いアクセントなものの、やはりクッキー&バニラクリームの量が控えめのため、もっとクリームがほしい!と思ってしまいます。


甘いものが続いたので、「おかずコッペ」から「ポークたまご」をいただきます。こちらは外見からでも特徴がよくわかります。


中にはたっぷりのたまごと3枚のポークハム。


手でちぎるのは難しそうなので、包丁でカットし実食。これはシンプルにポーク&たまごのサンドイッチの味わいとしてグッドなものの、パンの食感がもっちりなので不思議な感じがします。ポークは食べ応えがあるというよりは、口の中に塩気をふわっと広げてくれる味わいで、やわらかいコッペパンとなめらかたまごにほどよくマッチ。素朴な味わいながら、人気がよくわかる一品でした。


最後は、季節限定商品から「熊本県産 和栗クリーム」です。


中には薄くのばされた和栗クリーム。


ひときれ口に入れて感じるのは、とにかく栗。栗を用いたスイーツは「栗っぽさを感じる味にしてみました」というものが多い気がしますが、この和栗クリームは「まさに栗」という味が強く出ています。クッキー&バニラクリームと同じくクリームは少なめなものの、栗の風味がなかなかに強いため、やわらかコッペパンと混ざった独特の味わいを作り出していました。


「コメダ謹製 やわらかシロコッペ」は名鉄名古屋駅直結、名鉄百貨店本店の地下1階・スイーツステーションの中にある鐵板堂で販売中。「小倉マーガリン」と「クッキー&バニラクリーム」は税込250円、「ポークたまご」は税込390円、「熊本県産 和栗クリーム」は税込280円です。「小倉マーガリン」は名古屋名物のスイーツでもあるので、名古屋駅に訪れる機会があったらぜひ食べてみてください。

・関連記事
名古屋名物「台湾ラーメン」が長崎ちゃんぽんになって混迷極める「リンガーハットの台湾ちゃんぽん」を食べてみた - GIGAZINE

シュー生地をカリカリにキャラメリゼしてリンゴとシナモンを合わせた「アップルパイのシュークリーム」試食レビュー - GIGAZINE

甘くてホットなスイーツでコーヒーとの相性バツグンなマクドナルド「シナモンメルツ」食べてみた - GIGAZINE

眼球や指など人体パーツをなぜか和菓子で再現した末広庵の「ハロウィン限定キモかわスイーツ」を食べてみました - GIGAZINE

カスタードがとろけだす大人のプッチンプリン「贅沢プッチンプリン フォンダンカスタード」を食べてみた - GIGAZINE

210

in 試食, Posted by log1e_dh