甘くてホットなスイーツでコーヒーとの相性バツグンなマクドナルド「シナモンメルツ」食べてみた


温かいパンにシナモンシュガーとクリームチーズシロップをたっぷりかけた「シナモンメルツ」が、2017年10月16日(月)より期間限定でマクドナルドから再登場しました。なんと7年ぶりの再登場となったこの「シナモンメルツ」は、「この冬、ホットコーヒーとホットスイーツで日本をアツくする」というスローガンのとおり、寒い冬にホットコーヒーと一緒に食べるのにぴったりなホットスイーツとのこと。本当にホットコーヒーと相性ぴったりなのか確かめるため、早速食べてきました。

マックからホットなおいしさ、続々登場! シナモンメルツ|sMcDonald’s-マクドナルド
http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/hotjapan/

マクドナルドに到着。


レジ前には発売当日から「シナモンメルツ」の看板が掲示されていました。


注文してすぐに「シナモンメルツ」が提供されました。今回は「プレミアムローストコーヒー(ホット)」Sサイズも一緒に注文。「シナモンメルツ」は箱に入った状態で提供されました。触ってみるとまだ温かい箱を開けると、シナモンシュガーの甘い香りが食欲を刺激します。


一口サイズのフワフワパンにシナモンシュガーとクリームチーズシロップがぜいたくにかけられています。見ているだけでおなかが減ってきます。


フォークでパンを持ち上げると、シナモンの香りがかなり強く漂います。


食べてみると口いっぱいにシナモンシュガーとクリームチーズシロップの甘みが広がります。クリームチーズシロップは予想よりもチーズ感は少なく、ミルキーで甘さに特化されている模様。パンの温かさがシナモンシュガーとクリームチーズシロップの甘さを引き立て合い、思わず感動してしまうほどの甘さです。シナモンシュガーとクリームチーズシロップはわずかにサクサクとした食感があり、まったりとしたパンの食感とのギャップが楽しめます。


ここでコーヒーを1口。コーヒーの苦みが「シナモンメルツ」の甘さを心地よく流し込み、完璧な組み合わせになっていました。


1個のパンは1口サイズのため、1個食べては甘さを味わってからコーヒーを飲み、また1個食べてはコーヒーを飲むという優雅な楽しみ方が可能。


「シナモンメルツ」は単品でも結構食べ応えがあり、朝ご飯やお昼ご飯ならこれ1つでおなかいっぱいという人も多いはず。スイーツとして食べるにしても、ゆっくりと時間をかけて食べることができそうです。


最高に甘いスイーツとなっている「シナモンメルツ」は、苦みのあるホットコーヒーとの相性がバツグンで、「今日はコーヒーでも飲んで温まりたいな」という日にぴったり。ちなみにマクドナルドでは2017年10月16日(月)から2017年10月20日(金)までの5日間限定で、15時から19時までに来店した人に無料で「プレミアムローストコーヒー(ホット)」Sサイズを提供するキャンペーンも実施。少し肌寒くなってきた今の時期に嬉しいキャンペーンとなっています。なお、「シナモンメルツ」は単品で税込み290円です。

・関連記事
ミントなのに白い、セブン限定の「ジャイアントコーン<大人の白いチョコミント>」を食べてみた - GIGAZINE

刀剣乱舞の芋けんぴなど、徳島銘菓とアニメがコラボした「マチ★アソコラボスイーツ 」試食レビュー - GIGAZINE

シュー生地をカリカリにキャラメリゼしてリンゴとシナモンを合わせた「アップルパイのシュークリーム」試食レビュー - GIGAZINE

からしを沢山つけたおでんを堪能できる「からしマニア からしまみれおでん味」を食べてみた - GIGAZINE

あの「わさビーフ」とコラボした「マイクポップコーン わさビーフ味」を食べてみた - GIGAZINE

108

in 試食, Posted by log1h_ik