釣り上げた魚が口の中に飛び込んで釣り人が一時死にかける

by TKnoxB

釣りをしている男性が釣り上げた成果を手に喜んでいたところ、誤って魚が口の中へ飛び込んでしまうという「事件」が起きました。一時は心停止に陥りましたが、男性は救急隊によって一命を取り留めました。

Dover sole 'jumps' down angler's throat in Bournemouth - BBC News
http://www.bbc.com/news/uk-england-dorset-41598493


Paramedics save man after he swallows whole live dover sole | UK news | The Guardian
https://www.theguardian.com/uk-news/2017/oct/12/paramedics-save-man-after-whole-fish-jumps-down-throat

事件が起きたのはイギリス・ボーンマス郊外にあるボスコムの埠頭。28歳の男性は友人らとともに釣りをしていて「ドーバーソール」と呼ばれるカレイの一種を釣り上げました。

© Hans Hillewaert

喜んだ男性は、おどけてソールにキスをしたそうですが、ここで手を滑らせたのか、それともソールが必死で抵抗したのか、ソールは男性の口の中へ飛び込んでしまいました。友人はすぐに緊急通報。救急隊が到着するまでの間、心臓マッサージを行いました。

救急隊員のマット・ハリソン氏によれば、現地に到着した時点で、男性は魚を喉に詰まらせたことで気道が閉塞され心停止に陥っており、とてもボーンマス病院へ運ぶまでもたない状態にあったそうです。

鉗子が壊れたり、掴んだ尻尾がちぎれてしまったらもうチャンスはないという状況でしたが、ハリソン氏は6度の試みのあと、魚を丸ごと1匹取り出すことに成功しました。取り出したソールの体長はおよそ14cmだったとのこと。

「こんな奇妙な出来事には出会ったことがない」というハリソン氏ですが、「心停止の後遺症もなく、男性が無事だったことを嬉しく思います」と語っています。

・関連記事
前人未踏の世界記録、たった1人で1000種の異なる魚を釣り上げた男性 - GIGAZINE

70歳の釣り人、極寒の海で体長2.5mのオヒョウを釣り上げ世界記録更新 - GIGAZINE

45分間の死闘の末に体長2.5mの「ポー川の魔物」を釣り上げたイタリアの釣り人 - GIGAZINE

体重226kg・齢100歳の巨大魚が釣り上げられる - GIGAZINE

146

in メモ, Posted by logc_nt