マクドナルドのポテトを食べられるフォークに変える「FRORK」を早速使ってみたらこうなった


マクドナルドは、「グラン」シリーズのレギュラー参戦から半年を記念して、「グラン」シリーズいずれかのバリューセットを購入した人限定に食べられるフォーク「FRORK(フローク)」が当たるスクラッチキャンペーンを、2017年10月20日より東日本エリア限定で開催します。そんな「FRORK」が一足先に編集部に届けられていたので、早速試しに使ってみました。

「グラン」シリーズご愛顧御礼キャンペーン!全米で話題の「無意味な!?」アイテムが日本初上陸!食べられるフォーク“FRORK”「グラン」シリーズセット購入でスクラッチに挑戦!東日本エリアにて10月20日(金)から期間限定実施
http://www.mcd-holdings.co.jp/news/2017/promotion/promo1012a.html

マクドナルドでポテトを素手で食べていると……


指先が塩や油でベトベトになってしまいます。


そんな時は食べられるフォーク「FRORK」の出番。


袋の中には本体と説明書のみと、とてもシンプル。説明書も図解のみでわかりやすいです。大きさは普通の使い捨てフォークぐらいで、明らかな使いにくさもありません。


柔らかい素材でできている口の部分をぐっとつまんで開き……


しっかりとしたポテトを3~4本差し……


完成!ディップしてこのまま食べることが可能。もう塩や油の汚れを気にする必要は……


FRORKにポテトを装着するので結局手は汚れます。


FRORKの使いどころはもちろん他にもあります。例えばバーガーのバリューセットを頼んだ時。


人によっては、ハンバーガーの具やソースが包み紙にこぼれてしまい、それをポテトですくって食べる場合もあります。これも塩と油、さらにソースなどで手がベトベトになってしまいますが……


FRORKが使えます。


ポテトを挿してフォークのようにしたら、そのままソースや具を……


フォークと同じ要領で使ってやればこぼれた野菜も一緒に……


手も使ってうまくのせればポテトごと食べることが可能。


そしてやはり手が汚れます。


「フォークまでも食べられる喜び」はかなり序盤で飽和状態を迎え、あとはだんだん「どうせ汚れるんなら手で食べる方が早いんじゃないか?」という疑問がふくらんでいきました。明らかにネタグッズなので、話題の種として、またコアなマクドナルドファン向けのグッズとしてはアリ。そんな食べられるフォーク「FRORK」が当たるスクラッチキャンペーンは、マクドナルドの東日本エリア1112店舗で10月20日から開催される、とのことです。

・関連記事
マクドナルドが8年ぶりにビーフの新レギュラーとして出した「グラン」シリーズ3種類を食べてみた - GIGAZINE

マクドナルドの店頭にいるドナルドの顔は国による違いがある - GIGAZINE

世界最大のハンバーガーチェーン「マクドナルド」にもあったスタートアップの時代 - GIGAZINE

マクドナルドの新キャラクター「Happy」が怖すぎると話題に - GIGAZINE

マクドナルドの極秘研究施設「Studio M」の中ではいったい何が行われているのか? - GIGAZINE

152

in レビュー,  ハードウェア,  , Posted by log1i_yk