フィンランド独立100周年を記念した新作ファミコンゲームが登場


1917年12月6日にロシアから独立を果たしたフィンランドは、間もなく独立100周年を迎えます。この記念すべき日を祝して、小さなゲーム開発チームが独立100周年記念ゲームを任天堂・ファミリーコンピュータの海外版であるNES向けに作成しました。

Finland Turns 100, Gets NES Game To Celebrate
https://kotaku.com/finland-turns-100-gets-nes-game-to-celebrate-1819418188

フィンランド独立100周年記念に作成されたのは「PERKELE! - Suomi 100 vuotta(ペルケレ!フィンランド100周年)」というタイトルのゲーム。「ペルケレ」というのはフィンランド神話における雷神を指し、現代では悪魔を意味する言葉でもあるそうです。ゲームはフィンランド文化における重要な出来事などを象徴する3つのミニゲームが集まったものとなっており、ミニゲームの中のひとつは1939年から1940年までにソビエト連邦とフィンランドの間で起きた冬戦争を題材としたもので、迫り来るソビエト軍兵士を倒す2Dのアクションゲームとなっています。

ゲームはNES用カートリッジとしてリリースされます。パッケージデザインは以下の通り。


ゲームのひとつは1対1の格闘ゲーム


もうひとつは口からレーザーのような攻撃を放つ魚を操作する横スクロールのシューティングゲーム


そして3つ目が、ソビエト軍兵士と戦うアクションゲーム


実際のプレイ映像は以下から見ることができます。2017年の最新ゲームですが、ファミリーコンピュータ時代を思い出させるようなどこか懐かしいゲームサウンドを聴くことができます。

PERKELE! - Suomi 100 vuotta (NES) - beta-version pelikuvaa - YouTube


なお、「PERKELE! - Suomi 100 vuotta」の販売価格は65ユーロ(約8600円)です。

・関連記事
「僕たちは、今まで、何度、世界を救っただろう?」、ものすごい密度のPlayStation20周年記念特別映像がYouTubeで公開中 - GIGAZINE

「Twitch」はどのようにして数年で巨大ゲーム実況プラットフォームになったか - GIGAZINE

ボードゲームをプレイすることでより良い人間関係を築くことができる - GIGAZINE

「史上最低のゲーム」と呼ばれる「E.T.」を作ったプログラマーの物語 - GIGAZINE

640

in 動画,  ゲーム, Posted by logu_ii