「Adblock Plus」のニセモノがChromeウェブストアで配布され3万7000人がダウンロードしてしまう事態が発生


広告ブロックアプリの代表格の一つである「Adblock Plus」を装ったニセの拡張機能が、Googleの公式ストアで配布されて3万7000人以上のユーザーがダウンロードしてしまっていることが明らかになりました。

A phony ad-blocking Chrome extension infiltrated Google's official Web Store - The Verge
https://www.theverge.com/2017/10/9/16449236/google-chrome-extensions-malicious-security-controls

この出来事は、セキュリティ関連の情報を発信している@SwiftOnSecurityが明らかにしたもの。Googleのウェブストアでニセの拡張機能が配信され、3万7000人以上のユーザーに誤ってダウンロードされていることがツイートされています。


Adblock Plusを開発しているデベロッパの名称は「adblockplus.org」というものですが、ニセの拡張機能を配布した者はまるで本物のデベロッパであるかのように装って公開を行っていた模様で、すでに公開は停止されています。この拡張機能がマルウェアであったのか、情報が抜き取られている可能性があるのかについては、記事作成時点では不明とのこと。

記事作成時点ではThe Vergeの問い合わせに対してGoogleからは返答が得られていないとのことですが、直近でAdblock Plusらしき拡張機能をインストールしていた人は、一度本当のデベロッパから入手しているものかどうかを確認しておいた方が良さそうです。

・関連記事
広告を消してくれるブラウザ拡張機能「Adblock Plus」の秘密 - GIGAZINE

定番広告ブロッカー「AdBlock Plus」と軽量ブロッカー「uBlock」を比較してみるとこうなる - GIGAZINE

無料のiOS用広告除去アプリ「Focus」がFirefoxのMozillaから登場したので使ってみました - GIGAZINE

ブラウザにウェブ広告ブロック機能が組み込まれた「Opera」のベータ版がリリースされたので使ってみた - GIGAZINE

305

in ソフトウェア,  セキュリティ, Posted by logx_tm