パシフィック・リムの続編「Pacific Rim Uprising」公式予告編ムービーが登場


2013年に公開されたギレルモ・デル・トロ監督の怪獣SF映画「パシフィック・リム」の続編「Pacific Rim Uprising」の公式トレーラーが公開され、前作からの因縁がつむぎだすストーリーと前作を上回るアクションが明らかになっています。

Pacific Rim Uprising - Official Trailer (HD) - YouTube


大きな爆発に思わず頭を下げる少女。


辺りは爆発の炎が立ち上っています。


少女が見たものとは?


今作の主役は「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」でフィンを演じたジョン・ボイエガが演じるジェイク。舞台は前作パシフィック・リムから10年後の2035年。


10年前、Kaiju(怪獣)との死闘に人類は大きな犠牲を払いました。


イェーガーによって敵を止めることに成功したかに見えました。しかし、戦いは始まりに過ぎませんでした。


Kaijuとの死闘に大きく貢献した環太平洋防衛軍のスタッカー・ペントコスト司令官。


ジェイクはスタッカー司令官の息子。しかし、父の期待を裏切り窃盗を繰り返す日々を送っています。


しかし、運命には逆らえずイェーガーのパイロット訓練生としてトレーニングに参加することになったジェイク。訓練生を率いるのは、菊地凛子演じる森マコ。スタッカー司令官の養子のマコは、ジェイクの義姉です。


「その時は来た。違いを生むチャンスでもあるはずだ」


ジェイクとコンビを組むのはクリント・イーストウッドの息子スコット・イースト演じるランバート。


他にも、千葉真一の息子の新田真剣佑や……


景甜(ジン・ティエン)もキャストされています。


前作を上回るイェーガーのアクションが満載。ジェイク&ランバートのコンビが操るイェーガーは、前作でローリーとマコが操った「ジプシー・デンジャー」の改良型後継機「ジプシー・アベンジャー」


都市でのバトルでは……


高層ビルを破壊しまくり。


避けたミサイルは……


ビルに命中。


レーザーブレードで敵に斬りかかるイェーガーは……


勢い余って司令室を破壊。


都会で壮絶なバトルが繰り広げられます。


息の合ったコンビネーションを見せるジェイクとランバート。


巨大な敵は……


イェーガーたちが見上げるくらいの巨大さ。


思わず、「デカいな……」


ギレルモ・デル・トロ監督から引き継いで「Pacific Rim Uprising」のメガホンをとるのはスティーブン・S・デナイト


日本の怪獣モノに大きな影響を受けたパシフィック・リムの続編も、Kaijuが暴れる舞台に日本の要素がちりばめられています。


「Pacific Rim Uprising」は2018年3月23日にアメリカで公開予定です。

・関連記事
「パシフィック・リム」続編の「Pacific Rim: Uprising」では第6世代イェーガーが主力か、「パイロット募集」映像公開 - GIGAZINE

無期限延期の可能性があった「パシフィック・リム 2」の公開日がついに決定 - GIGAZINE

ギレルモ・デル・トロ監督作品の色使いがよくわかるムービー「Del Toro in Colors」 - GIGAZINE

「パシフィック・リム」監督最新作、人造クリーチャーと声を持たない女性のおとぎ話「The Shape of Water」予告編公開 - GIGAZINE

「パシフィック・リム」のギレルモ監督が子ども時代に見た夢を映画化した「SHHH」 - GIGAZINE

263

in 動画,  映画, Posted by logv_to