あの「わさビーフ」とコラボした「マイクポップコーン わさビーフ味」を食べてみた


「マイクポップコーン」発売60周年と「わさビーフ」発売30周年を記念して、ジャパンフリトレーと山芳製菓がコラボレーションした数量限定商品「マイクポップコーン わさビーフ味」を食べてみました。

マイクポップコーン わさビーフ味|商品情報|ジャパンフリトレー株式会社
http://www.fritolay.co.jp/products/mike_wasabeef_1710/

「マイクポップコーン わさビーフ味」のパッケージ。「マイクポップコーン」のパッケージに「わさビーフ」のキャラクターである「わさっち」が描かれているのがなんとも不思議な感じです。


わさびは長野県産を使用とのこと。


わさび以外ではガーリックパウダーと黒胡椒、ビーフエキスパウダーが使用されています。


早速開封して、皿に盛ってみました。左側が「わさビーフ味」、右側が「バターしょうゆ味」です。わさビーフと同様のパウダーを使用しているためか、バターしょうゆ味とくらべて少し茶色っぽい見た目です。


ひとつまみ食べてみると、ポップコーンの大きさからは考えられないほど、わさびとビーフの味わいを強く感じます。


そこで、「マイクポップコーン わさビーフ味」がどのくらい「わさビーフ」を再現できているのか、本家の「わさビーフ」を買ってきて食べ比べしてみました。「マイクポップコーン わさビーフ味」の方が本家の「わさビーフ」よりもわさびとビーフの風味が強く、ピリッとした刺激も少しだけ強く感じます。とはいえそこまで強い辛味を感じるわけではないので、辛い食べ物に弱いという方も安心して食べられそうです。


マイクポップコーン わさビーフ味」は2017年10月9日(月)より105円(税抜)で数量限定で販売されます。今回のコラボを記念してマイクポップコーンや山芳製菓のお菓子が抽選でもらえるTwitterキャンペーンも行われているので、気になる方はチェックしてみてください。

わさビーフ食べ比べ対決キャンペーン | キャンペーン一覧 | 山芳製菓株式会社
https://www.8044.jp/campaign/detail/7/

・関連記事
コーンが飛びまくってムチャクチャなのになぜかまた作りたくなるポップコーンメーカー炸裂レビュー - GIGAZINE

花が開くかのようにポップコーンがはじける様子をハイスピード撮影した美麗な動画 - GIGAZINE

粒入りコーンスープ缶の粒を残さずに飲める上手な飲み方を本当に流体解析するとこうなる - GIGAZINE

なぜ映画館でポップコーンを食べるようになったのか? - GIGAZINE

オリンピック選手の体づくりから学ぶ、世界基準の食生活 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

121

in 試食, Posted by log1j_ty