Googleの新型スマートスピーカー「Google Home Mini」がウォルマートで一足早く公開されてしまう


アメリカの量販店・ウォルマートのオンラインストアで、現地時間10月4日に発表されるはずだったGoogleの新型スマートスピーカー「Google Home Mini」が一足先に公開されてしまうという出来事がおこっています。

Walmart Opens Google Home Mini Pre-Order, Arrives October 19 (Updated) | Droid Life
https://www.droid-life.com/wp-content/cache/page_enhanced/www.droid-life.com/2017/10/03/walmart-opens-google-home-mini-pre-order-arrives-october-19/_index.html

Walmart accidentally leaks Google Home Mini ahead of Oct. 4 announcement
http://appleinsider.com/articles/17/10/03/walmart-accidentally-leaks-google-home-mini-ahead-of-oct-4-announcement

ページはすでに削除されていますが、Droid Lifeによると、ウォルマートのスマートホーム関連デバイスのカテゴリ内で誤って情報が公開されていたとのこと。公開されていたページのスクリーンショットからは、価格が49ドル(約5500円)であることが確認できます。


Google Home Miniは、「Echo」の弟分としてAmazonが発表した「Amazon Echo Dot」と完全に競合する端末です。Amazon Echo Dotの価格が49.99ドル(約5600円)であることからも、Googleがライバルを意識した価格設定をしたことがうかがえます。Googleが2016年に発表したGoogle Homeの価格は129ドル(約1万4500円)で、その半額以下に抑えられたGoogle Home Miniがどのようなパフォーマンスを見せるのか気になるところ。

Twitterでは、Google Home Miniが3色展開されることもリークされています。


カラーは、チャコール、コーラル、グレーの3色になる模様。デバイスの寸法は不明ですが、商品が入る箱のサイズが4.73インチ四方(約11.5cm四方)であることから、本体の直径はおよそ4インチ(約10cm)ということになりそう。


本体の上部には4つのLEDインジケーターがあり、サイド部にはボタンやUSBケーブルを挿す端子が配置されている模様。以下の画像では、ケーブルのサイズ感と比較していかにGoogle Home Miniがコンパクトなデバイスであるかが感じられるはず。


Google Home Miniは、Googleの新型スマートフォン「Pixel 2」が発表される見通しのイベントで併せて発表されるものとみられています。

・関連記事
Googleの家庭用音声アシスタントスピーカー「Google Home」は「電気をつけて」「TVであの映像を見せて」「音楽をかけて」など会話を認識しお手伝いしてくれる - GIGAZINE

Amazonの音声認識アシスタント「Alexa」が2017年内に日本上陸、対応スピーカーの「Amazon Echo」も - GIGAZINE

TVの視聴や音楽鑑賞など「家の中でのひととき」をGoogleが完全掌握すべくリリースする音声アシスタントスピーカー「Google Home」 - GIGAZINE

日本発売が決定したGoogleの対話型AI「Google Assistant」搭載スピーカー型端末「Google Home」の新機能まとめ - GIGAZINE

Amazonが第2世代Echoや4K/60fps対応のFire TVなどAlexa対応端末をどどんと発表 - GIGAZINE

Amazon Echoは盗聴器に改造することが可能 - GIGAZINE

Amazonのハードウェア史上最大のヒット商品になったスピーカー型音声アシスタント「Amazon Echo」誕生秘話 - GIGAZINE

66

in ハードウェア, Posted by logx_tm