松茸と3種類のチーズが香る贅沢な味わい「カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム」を食べてみた


カップヌードルのプレミアム版である「カップヌードル リッチ」シリーズに「松茸の芳醇な薫り」と「洋風仕立てのクリームスープ」を合わせた「カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム」が登場しました。「洋風」仕立ては、累計販売2000万食を突破した「カップヌードル リッチ」シリーズ初とのこと。ニュースリリースでは「『カップヌードル』史上最高級の贅沢な味わい」とまで表現されていたので、期待を持って食べてみました。

「カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム」(10月2日発売) | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/news/6389

カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/products/items/8235

パッケージは松茸が苗床にする赤松をイメージしたデザイン。


ロゴの背景は松の表面を模しています。


パッケージ前面には「カップヌードル史上最高級贅沢スープ」と三つ星バッジイラスト入り。


フタの上には「贅沢香味油」という調味油がのっており、食べる直前にカップの中に注ぎます。


贅沢香味油を取るとフタに印刷された赤松の切り株が現れ、松茸への期待が高まります。


小さいながらも、フタに印刷された「松茸香料使用」が目に入ります。


パッケージの裏をみると「3種類の濃厚クリームスープ」「松茸の芳醇な香りとエリンギのハーモニー」「カルシウムタップリ」のキャッチフレーズとともに……


ここにも「松茸香料使用」の文字が。


原材料では、スープに含まれる「チーズパウダー」や「バターオイル」……


そして、かやくに含まれている「ブロッコリー」が気になります。


濃厚クリームスープが特徴なので、他のカップヌードルシリーズと比較して高カロリーなのではないかと思っていたのですが、ノーマルのカップヌードルと同じ1食353kcalだったのはちょっと意外でした。


フタを開けるとクリーム系のスープの匂いがした後に、ほのかに松茸の香りがします。かやくで目立つのは、白くて大きいエリンギと、緑色のブロッコリー。


オーソドックなカップヌードルより10ml多い、310mlの熱湯を注ぎ……


3分後。フタを開けると、クリームと松茸の芳醇な香りが漂います。お湯を注ぐ前から目立っていたエリンギは膨らんで大きくなり、ブロッコリーの緑は想像していた以上に鮮やかに。


食べる直前に「贅沢香味油」を注ぐと、透明な油がスープ表面に溜まっていきます。


注入完了。「贅沢香味油」から溶けたバターの香りと表面に浮いた油が食欲をそそります。


まずは上の具材から。エリンギだとわかっていても、香りと合わさると松茸に見えて気分が高揚します。コリコリとした食感です。


スープはクリームの白と言うより「松茸の柄」に近い色に見えます。クリーミーな味わい。


合わせて食べると、松茸とクリーミーなスープの後にバターが香り、濃厚ホワイトクリームスープの3種類のチーズ、「パルメザンチーズ」「チェダーチーズ」「エメンタールチーズ」が合わさった贅沢な味がします。エリンギのコリコリとブロッコリーのシャキシャキは食感としていいアクセントになっており、そこにスープが絡んで味わいは濃厚ながらも箸はどんどん進みます。


「カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム」は税込248円。手軽な値段ながら、松茸の香りと3種類のチーズを使ったスープで「リッチ」な気分を味わえるカップヌードルでした。

・関連記事
世界中で食されるインスタントラーメンで日本企業がトップブランドになる可能性は? - GIGAZINE

インスタントラーメン専門店「Akiba Noodle さくら」に行ってきました - GIGAZINE

世界に1つしかないカップヌードルを作れる「インスタントラーメン発明記念館」に行ってみました - GIGAZINE

あの「味覇」の味を守る中華調味料「創味シャンタンDX」を使って中華料理を作ってみた - GIGAZINE

朝にお弁当を詰めてお昼に食べる時までホカホカの温かさを保つ「サーモス 真空断熱フードコンテナー」 - GIGAZINE

134

in 試食, Posted by log1f_yi