英高級車メーカーのアストン・マーティンがラグジュアリーなプライベート潜水艦「Project Neptune」のデザインを公開


イギリスの自動車メーカー「アストン・マーティン」が、潜水艦開発プロジェクト「Project Neptune」を発表しました。公開されたデザイン画からは、水中を高速で移動できる高級潜水艦という雰囲気がただよっています。

Aston Martin Surprises Us With Project Neptune Submersible
https://www.motor1.com/news/181871/aston-martin-project-neptune-sumbersible/

Project Neptuneは、アストン・マーティンとアメリカの高級潜水艦メーカーTriton Submarinesの共同プロジェクト。潜水艦の船体自体はTriton Submarinesが開発し、デザインをアストン・マーティンのデザイン部門Aston Martin Consultingが担当します。


まるで宇宙船のようなイメージの船体。なお、エアコン搭載なので潜水中も快適な海の旅を過ごせるとのこと。


ベースとなるのは潜水艦「TRITON 1650/3 LP


操縦士1名と乗客2名の3人乗り。


全長は1.8メートル、重さは4トン。最大深度は500メートルとなっています。


TRITON 1650/3で水中遊泳する様子は以下のムービーで確認できます。

Triton Submarines - Demonstration Dives May 2017 Teaser - YouTube


アストン・マーティンは2016年に高級スピードボート「AM37S」を発表し、先日、モナコに納入されています。アストン・マーティンは、高級車に飽き足りず「海」に目を向ける富裕層をターゲットにしている模様。


Project Neptuneは現時点ではコンセプト段階で、船体の価格や発売時期などは記事作成時点では未定です。ただし、一般的な潜水艦の平均価格が330万ドル(約3億7000万円)であることから、アストン・マーティンプロデュースのProject Neptune潜水艦は、高級車の比ではないくらい高価なものになりそうです。

・おまけ
英国メーカーのアストン・マーティンは、映画「007」のボンドカーでもおなじみです。1977年公開の映画「007 私を愛したスパイ」でロータス・エスプリベースの潜水艦に変身するマシンが登場していますが、いつかアストン・マーティン製の水陸両用ボンドカーが登場するかも……。

The Spy Who Loved Me Movie CLIP - Can You Swim? (1977) HD - YouTube

・関連記事
世界で唯一の水陸両用ランボルギーニ・カウンタックがeBayで販売中 - GIGAZINE

どう見てもデロリアンなホバークラフトが海上を疾走するムービー - GIGAZINE

「空飛ぶスポーツカー」二人乗り軽飛行機の「Icon A5」の納機が2016年に開始へ - GIGAZINE

無人で休むことなく黙々と軍事作戦を遂行できる海軍の全自動船をロールス・ロイスが開発中 - GIGAZINE

水中翼つきでどこでも走れる自動車「Rinspeed Splash」 - GIGAZINE

もしフェラーリがバイクを作ったらこうなるというコンセプトデザイン - GIGAZINE

192

in ハードウェア,   乗り物,   動画,   デザイン, Posted by logv_to