全世界興行収入1位映画「アバター」の続編「the Avatar Sequels」始動、4本同時製作開始


ジェームズ・キャメロン監督が「タイタニック」で打ち立てた全世界興行収入1位の記録を自ら抜いた大ヒット映画「アバター」の続編「the Avatar Sequels」が4本同時に製作開始となったことが発表されました。

映画「アバター」オフィシャルサイト
http://movies.foxjapan.com/avatar/


キャメロン監督と20世紀フォックス映画は「アバター」公開から1年が経過した2010年10月の時点で「アバター2」「アバター3」の製作を決定、2011年から制作に入り、2014年からの公開を目指していました。

その後、2014年になっても音沙汰はなく、2016年4月になって改めて、続編を4本作る予定であることが発表されていました。

ジェームズ・キャメロン監督がSF映画「アバター」の続編4本を計画中であることを明かす - GIGAZINE


このたび発表されたのは「続編4本製作開始」ということと、次世代の新キャストたち。新キャスト7名は、「アバター・プロジェクト」に参加して地球から5光年先の惑星パンドラを訪れた元海兵隊員ジェイク・サリーと、パンドラの先住民・ナヴィの女性ネイティリとの間に生まれた子どもたちと、続編から初登場となるメトカイナ族。

写真左から、地球よりもパンドラで過ごすのが好きな少年ハビエル・“スパイダー”・ソコロ役のジャック・チャンピオン、サリー一家の長女(末っ子)Tuktirey役のトリニティ・ブリス、メトカイナ族のTsireya役のベイリー・バス、サリー一家の長男Neteyam役のジェイミー・フラッターズ、サリー一家の次男Lo’ak役のブリテン・ダルトン、メトカイナ族のAonung役のフィリップ・ジョルジョ、メトカイナ族のRotxo役のデュアン・エヴァンスJr.。


撮影は2017年9月25日(月)にカリフォルニア州マンハッタン・ビーチで「4本同時」スタート。1作目は2020年12月18日全米公開予定だとのことです。

・関連記事
全世界に先駆け日本で「ブレードランナー ブラックアウト 2022」本編公開、「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎が監督 - GIGAZINE

ウェス・アンダーソン監督最新作「犬ヶ島」予告編公開、日本の架空都市「メガ崎市」が舞台のストップモーションアニメ - GIGAZINE

ひ弱な男子高校生がザ・ロックことドウェイン・ジョンソンになってサバイバルする「JUMANJI: WELCOME TO THE JUNGLE」最新予告編 - GIGAZINE

人類の運命を背負ったララ・クロフトの戦いを描く映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」予告編 - GIGAZINE

「スター・ウォーズ/エピソード9」は「フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムスが監督&脚本を担当 - GIGAZINE

92

in 映画, Posted by logc_nt