超高い難易度と中毒性を誇るディフェンスゲーム「Kingdom:New Lands」をNintendo Switchで遊んでみた


昨年Steamから配信され一部で話題を呼んでいた、敵の猛追から王国を守り抜くディフェンスゲーム「Kingdom:New Lands」が、Nintendo Switchにて2017年9月14日からダウンロード専用ソフトとして配信されています。とにかく難しく、中毒性が高いということで、一体どんなゲームなのか実際にプレイしてみました。

Kingdom:New Lands|Nintendo Switchソフト|任天堂
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000001103

『Kingdom:New Lands』Nintendo Switch紹介動画 - YouTube


◆初プレイ
まずは起動。ローディングが終わると……


真っ暗な森のなかで、馬に乗った王女が一人。ドット絵調のデザインで、水面に映ったたいまつの細かい演出がきれい。方向キーで左右へ自由に動けるようなので少し進むと……


石ブロックでできた「KINGDOM」が崩れます。ここでゲームタイトルが現れるという演出。


森の出口にいた幽霊が主人公を誘導。


その先には大量のコインが落ちていました。拾うと右上の袋に貯まっていきます。そして何やら人影が。


まずは着火せよと言われたので、ボタンを長押し。三つの丸い空白にコインが投げ込まれ……


たき火が燃え上がり、建物が建ちました。さらにここに立てという指示。


コインを投げるとよろよろと歩く人影がそれを拾い上げ、動き始めました。


「長押しで弓を購入せよ」という指示に従いコインを投入すると……


一人が弓矢を持って、その辺りを飛び跳ねていたウサギに矢を放ちました。


今度はハンマーの印のところでコインを投入すると、もう一人が大工になりました。また、先ほどのウサギは射抜かれてコインに。


地面の盛り上がったところにコインを投入すると大工が近寄って工事を始めます。


丸太の壁になりました。


また森の中にはキャンプがあり、そこにまた先ほどのようなよろよろと歩く人影が。コインを投げて雇います。


そうしているうちに気がつくと夜を迎えていました。背景の空に浮かぶ太陽や月はよく見ると少しずつ動いており、時間の経過があると分かります。


右の壁からポコポコと音がするので近寄ってみると、何やら怪しげなやつらが攻めてきていました。明らかに敵のようです。


しかし壁で足止めしている間に弓兵が弓矢で見事に撃退。なぜか曲射なので、命中率はそれほどよくありません。


やがて夜は明け、「ii」という文字。二日目を無事迎えられたようです。


とりあえずいけるところまでいってみようと、二日目の昼は右の方へ馬を飛ばします。すると果てに何か怪しいものが。まがまがしい雰囲気で、明らかに敵が出てきそうです。やばいと思って引き返そうとすると……


案の定、敵が出てきました。実は馬にはスタミナが設定されており、ここまで何も考えずに走ってきたためにへばってしまい、走って逃げることができず、あっという間に追いつかれます。


ダメージを食らっても気絶したりはしませんが、コインを落としてしまいます。1枚しか持っていなかったので、もうコインはありません。


さらに追撃、頭に載せている王冠を落としてしまいました。


王冠を敵が奪った瞬間、ゲームオーバーとなってしまいました。


コインを消費→設備や人員に投資→敵が押し寄せる夜に備えるという流れは一般的なディフェンスゲームと同じようなルールになっていますが、「どの役職がどういう意味を持つのか」「建物の効果は何か」「そもそもどうすれば勝利/敗北なのか」という情報はゲーム中で全く説明されません。そのため、1面をクリアするまで何度もやり直し、システムを把握することに努めなければなりません。


◆わかったこと(ここから下は自力でなかなか前に進めない人向けです)
まずはクリア条件。フィールドのどこかに船の残骸があります。これに投資を行い、大工で修繕すると……


船が進水します。


この船が左右どちらかにあるまで進むので、そこでさらに十枚のコインを払うと乗り込むことが可能。そうすると晴れてステージクリアでき、次の島へ移動。「王冠を守った」とあるので、王冠を守る(ディフェンス)ことがこのゲームの要。


クリアするとまた新しい土地に漂着します。ここで初めて「サブタイトルのNew Landsとはそういう意味だったのか」と納得。


このゲームにおいて何よりも重要なコインは弓兵が野生動物を狩った報酬以外に、開拓した農地に農民を配置し、その農民たちから作物を育てて収穫を得ることでゲットできます。


また道中でランダムに現れる宝箱から得られることも。


さらに街には商人が定期的に通っていて、前日にコインを1枚投資していれば翌日に8枚くれます。つまり差し引き7枚コインが増えるというわけ。


街のたき火にコインを投資すると、城が少しずつ大きくなります。ある程度大きくなると中央に謎の人物が現れますが、彼はコインを預かってくれます。コインの収入がある程度安定してくると、袋からあふれてそれ以上所持できなくなってしまうのでコインを無駄にしないためにも重要な存在。


また、このとある秘密結社のシンボルにもよく似たマークは石工を意味するもの。これに投資することで初めて木の壁を石造りにでき、防御力を劇的に上げられます。防御して陣地の安全を確保するためには真っ先に見つけてコインを投資したいところ。


つづいて各役職について。森の中には難民キャンプがあり、国民は定期的にキャンプに沸きます。彼らにコインを施すことでいうことを聞いてくれます。彼らは街の中心部に向かい、各役職にグレードアップすることができます。この難民キャンプは森の中にあるため、何も考えずに森を開拓してしまうと国民が増えずに手詰まりになってしまいます。最低でもキャンプの両サイドに木が1本ずつ必要な模様。


弓兵は夜に襲撃してくる敵に矢を射って倒すことで国を守るだけではなく、太陽の出ている間はシカやウサギといった野生動物を狩り、コインを稼いでくれます。野生動物をいっぱい狩ってもらうためには、城壁より外の森を切り開いて広大な野原にしなければなりません。


大工は施設のアップグレード要員でもありますが、強力な兵器である投石器を操作する人員でもあります。投石機は城をアップグレードするとコイン6枚の投資で作ることができますが、投石機ひとつにつき2人の大工が駆り出されるので注意が必要。


農民は農地に配置され、定期的に収穫を行い、大量のコインを与えてくれます。そのため、安全地帯に農地を開拓し、農民を複数配置することによってある程度コインを安定して獲得することができます。


農地は水がわき出ている平地でコインを投資すると開拓可能。2段階あり、1段階目だと朝になると城から農地に行って働き、夜になると城に戻ってくるため、往復の時間の間は働いてくれません。しかし2段階目になれば城にいちいち戻ることがなくなるため、効率よく朝から夜まできっちりと働いてくれるようになり、収穫速度が早くなります。


城に最大限まで投資して強化していくと、コイン6枚投資によって騎士を最大4人まで用意できます。さらに難民にコインを与えるのと同じ要領で騎士にコインを与えることで、より強力になります。


また騎士は弓兵を束ねて騎士団を作ります。最前線の旗に投資すると騎士団はいざ前進、敵が出現するポータルを破壊することも可能。ただし破壊すると……


空の色が変わり、大量の敵が逆襲にやってきます。この時は慌てて壁を強化しようとしましたが間に合いませんでした。また騎士団に組み込まれた弓兵は狩りを行わなくなりコインの収入が激減するので、騎士の配置が絶対的な正解かというとそういうわけでもありません。


途中にある標識に2枚のコインを投資すると地図をゲットできます。地図をゲットするとゲームオーバーかゲームクリアした際に、ゲームの展開が有利になるアイテムが1つずつ増え、次回以降のプレイ時にランダムで配置されます。そのためクリアできずに詰んでしまったとしても、地図さえゲットしていれば次回が少しラクになる、という仕組み。


例えば1つ目の島でゲットできるこの弓兵のモニュメントは、1回投資するごとに一夜だけ弓兵が強化されます。最大で三夜連続の強化が可能。


こちらは2つめの島でゲットした犬。プレイヤーのあとをついてきて、わんわん吠えます。とはいえ特に敵を退治しているわけではなく、野生動物を追い立ててくれているようですが、具体的にどういう効果があるのかは不明。敵が襲ってくる際に、敵のいる方向に吠えているようなので、接近を感知できると言えばできるかも。ひょこひょことついてくる様子はとてもラブリー。


以上のことをつかむまで、およそ10時間ほどプレイ。システムをおおまかに把握し、1ステージ目をクリアするまで5時間ほどかかりました。一見するとシンプルなディフェンスゲームなのですが、システムだけではなく演出も含めて非常に細かい出来。ただし最初に幽霊がチュートリアルで説明はしてくれるのですが、その内容だけで到底クリアまでいけず、それ以降説明は皆無。ゲームオーバーを繰り返して把握し、覚える他ありません。

例えば敗北条件を具体的に文章で説明してはくれません。実際に橋に追い詰められて、王冠を海に落としてゲームオーバーになり、初めて「王冠を敵に奪われることではなく、王冠を失うことが負けになるのか」ということが分かるというわけ。


しかしここまでの超難易度と説明不足ぶりにも関わらず、ディフェンスゲームとしての完成度はかなり高く、プレイしているうちに夢中になり気がつけば数時間が経過という中毒性の高さ。ランダム性が高く、遊ぶたびに地形が変わるために作業ゲーにはなりづらいのもポイント。また、いつでもニューゲームが選べたり、ステージクリアすると船に仲間たちを乗せてコインと共に次のステージに一部持ち越しできたりという部分もあり、決して単なる不親切なゲームというわけではありません。
「最近のゲームはどうもフレンドリーすぎて物足りない」という方にはぜひお勧めの「Kingdom:New Lands」は、Nintendo Switchにてダウンロード版として税込1690円で入手できます。

◆オマケ:なんだか攻略が行き詰まった人のための徹底攻略ヒント集(ネタバレありまくりなので未プレイで読むのは非推奨)

1:スタート地点のたき火から1つ向こう側に壁を作る
たき火に最も近い壁を強化しても、たき火を強化して城になっていく過程で自動的に城壁が築かれるため、コインと時間を稼いで別のことに使うことが可能に。特に1つ目の島で有効。

「Kingdom:New Lands」攻略方法1:たき火から1つ向こう側に壁を作る - YouTube


2:農民を最優先で作る
20日目を超えると段々と紅葉してきて冬に突入し、しかもこの冬は終わらなくなりますが、それまでの間に農民を配置しまくるとものすごい勢いでコインを量産してくれるようになるため、中盤以降で一気に脱出用の船の建造を進ませることが可能に。ただし、うまく農地にできる配置でない場合にはちょっと苦戦する可能性アリ。

「Kingdom:New Lands」攻略方法2:農民を最優先で作る


3:1つ目の島は片方だけから敵が来る
1日目の夜に敵が来る方向が分かれば、以降は敵の来る方向だけ、壁を強化し、投石器を配置し、というようにしておけばOK。

「Kingdom:New Lands」攻略方法3:1つ目の島は片方だけから敵が来る - YouTube


4:馬は草を食べると全力疾走可能に戻る
初期状態で手に入る馬はすぐにばててスタミナが続かないものの、草を食べることで一気に全力疾走可能に戻ります。そのため、長距離を移動する際には途中で草を食べるようにすると、割と快適。

「Kingdom: New Lands」攻略方法4:馬は草を食べると全力疾走可能に戻る - YouTube


5:船に騎士を乗せて次の島へ連れて行く
2つ目以降の島を手持ちゼロからスタートするのは非常に難しいため、まず1つ目の島をクリアする際、騎士を船に乗せると簡単になります。やり方は以下のムービーを参照。

「Kingdom:New Lands」攻略方法5:船に騎士を乗せて次の島へ連れて行く - YouTube


6:船の移動速度を上げるためにあらかじめ森を切り開いておく
森に入ると脱出用の船の移動速度が目に見えて落ちるので、何もすることがない夜でも、無理矢理木を切り倒しておくと、後々、脱出速度が上がります。


7:敵のわいてくる「小ポータル」を騎士1名の部隊で確実に破壊する
騎士を出撃させた後、いっしょに後ろから付いていき、騎士がダメージを食らう度にお金を補給し続けることで、確実に小ポータルをつぶせます。

「Kingdom:New Lands」攻略方法7:「小ポータル」を騎士1名の部隊で破壊する - YouTube


8:ワープホールを駆使して素早く移動する
「小ポータル」を破壊するとコイン5枚でワープホールが構築できます。コイン1枚でかなり離れたところへ一瞬で移動できるようになるため、離れたところにある農地からコインを回収するのに便利です。

「Kingdom:New Lands」攻略方法8:ワープホールを駆使して素早く移動する - YouTube

・関連記事
実際に「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」をゲット&使用してわかったことまとめ - GIGAZINE

Nintendo Switchには特定の日付&アクションで起動する隠しゲームあり、故・岩田聡氏の命日に起動 - GIGAZINE

Nintendo Switchでプログラミングそのものがパズルと化す「ヒューマン・リソース・マシーン」日本語版でデスマーチ回避にトライしてみた - GIGAZINE

シヴィライゼーション2でプレイヤーを10年以上にわたり苦しめた「終わりなき戦争」と呼ばれる1700年戦争は58カ年計画の末に決着 - GIGAZINE

ゲームを各国言語に翻訳するローカライゼーションは本当にやる価値があるのか? - GIGAZINE

86

in レビュー,  動画,  ゲーム, Posted by log1i_yk