LTE対応になった「Apple Watch Series 3」が届いたので開封&速攻外観レビュー


Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」の最新モデル「Apple Watch Series 3」が2017年9月22日から販売開始されました。事前にオンラインで注文していたGIGAZINE編集部にも発売当日に現物が到着したので、さっそく開封してみました。

Apple Watch Series 3 - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-3/

Appleに注文していたApple Watch Series 3が到着。ボックスはこれまでのApple Watchシリーズとあまり大きくは違わないようです。


しかしもちろん「SERIES 3」の文字が入っていました。


箱を開けると、いつものApple流のシンプルなデザイン。


まず目に飛び込んでくるのが、恒例の「Designed by Apple in California」の文字。


一番上にある箱を取り出すと、その下からApple Watch Series 3が登場。


Apple Watchを中皿ごと取り出すと、その下には充電用のACアダプターとワイヤレス充電用の「磁気充電ケーブル」が入っていました。


中身だけを取り出してみたところ。いちばん左にあるのは、全長の短い交換用バンドです。


時計本体には、保護用のプラスチックフィルムが巻かれています。


保護フィルムを取り去った状態。今回届いたのは、本体が「シルバーアルミニウムケース」、バンドが「フォッグスポーツバンド」の組み合わせです。


まず目をひくのが、赤いワンポイントが入ったデジタルクラウン。LTEに対応した「GPS + Cellularモデル」の証しです。


向かって左側には、マイク用とスピーカー用の開口部がそれぞれ2つずつ。このあたりはSeries 2と共通のデザイン。


腕に触れる部分にある心拍数センサー周辺もSeries 2と大きな違いはなし。最上部に「SERIES 3」と刻まれているのが見分けるポイントです。


新旧Apple Watchを並べてみました。一番奥から、「Series 1」ではないタイプの初代Apple Watch、Apple Watch Series 2、そして最新のApple Watch Series 3です。


心拍センサーの構造は、初代Apple Watchが大きく異なるだけで、Series 2とSeries 3は同じ見た目。


本体を並べると、初代Apple Watchが厚さ10.4mmと最も薄く、厚さ11.4mmのSeries 2とSeries 3が一回り大きいことがわかります。


重量は実測で35グラム。カタログ値は34.9グラムです。


フォッグスポーツバンドをあわせた重さは68グラムでした。


Apple Watch Series 3の外観はこんな感じ。これから実際に電源を投入し、iPhoneとペアリングしてLTE通信網に接続するためのキャリア設定を進めて記事にするのでお楽しみに。

・関連記事
「Apple Watch Series 3」が登場、セルラー対応でiPhoneなしの単体でもより便利に進化 - GIGAZINE

iPhone X/iPhone 8/Apple Watch Series 3/Apple TV 4Kなどが登場した「Apple Special Event」まとめ - GIGAZINE

Appleが満を持してスマートウォッチ「Apple Watch」を発表 - GIGAZINE

メジャーリーグでApple Watchを使った「サイン盗み」が発覚 - GIGAZINE

63

in レビュー,   モバイル,   ハードウェア, Posted by logx_tm