あの「チェルシー バタースカッチ」を飲み物にするとたぶんこうなる「マックシェイク チェルシー」を飲んでみた


マクドナルドは時々、妙なところと手を組んでコラボするのですが、今回は明治の誇る老舗ブランド「CHELSEA(チェルシー)」の代表的なあのスカッチキャンディーの味わいを再現したという「マックシェイク チェルシー」を9月13日(水)からリリースしたとのことなので、実際に飲みに行ってみました。

マックシェイクと「CHELSEA」が初のコラボ!まさに「チェルシー バタースカッチ」の味わいそのもの!「マックシェイク チェルシー」9月13日(水)から期間限定販売
http://www.mcd-holdings.co.jp/news/2017/promotion/promo0907a.html

マクドナルドに到着。


ポスター発見、カップのデザインがチェルシーそのもの。


早速「マックシェイク チェルシー」を購入。


カップの側面には「CHELSEA」のロゴがはっきりと描かれています。実物の「CHELSEA」と並べてみるとこんな感じ。花の柄だけでなく、色までバタースカッチ味を表現したものと同じという凝りようです。


カップのふたを開けてみるとこんな感じ。薄いクリーム色のシェイクが確認できます。


飲もうとすると、シェイクの底の方はドロッと塊のようになっていて、ストローで吸い込むのにかなりの力が必要だったので、少しずつかき混ぜながら飲んでいきます。口の中に広がるのは濃厚なバターキャラメルの味。バター風味が強くて、飲み物としてグイグイと一気に飲むのは少々大変。


結構飲んだと思ったのですが、もう一度ふたを開けてみるとまだこんなに残っていました。Sサイズでも十分に「チェルシーらしさ」は満喫できます。


最後に実物の「CHELSEA」のバタースカッチ味と食べ比べてみました。こうして食べ比べると、実物のほうがよりバターの味が濃厚に口の中に残ることがよくわかります。「マックシェイク チェルシー」のほうは飲み物として飲みやすいよう、後味がすっきりするように工夫されていると感じました。


「マックシェイク チェルシー」は全国のマクドナルドで10月上旬まで、期間限定で発売されています。販売開始は午前10時30分からスタートで、価格はSサイズが税込み120円、Mサイズが税込み200円です。

・関連記事
モスのご当地創作バーガー決戦第1弾・北見しょうゆタレとんかつバーガー&名古屋海老フライバーガーを食べてきた - GIGAZINE

餅風グミの食感ときなこ風味が新しい「もちもちブラックサンダーきなこ」を食べてみた - GIGAZINE

ゴディバ基準の厳選したチョコレートを使ったドリンク「GODIVA ミルクチョコレート」を飲んでみた - GIGAZINE

チーズフォンデュの天ぷらが味わえるてんや「播州赤どり天丼」を食べてきた - GIGAZINE

秋の風物詩「さんま」の蒲焼きをごはんと一緒に味わえる「さんま蒲焼き丼」をすき家で食べてきた - GIGAZINE

86

in レビュー,  試食, Posted by log1h_ik