iPhoneとAirPodsをまとめて充電・携帯できる拡張バッテリーケース「PodCase」が便利そう


アメリカのワイヤレスイヤホン市場で85%ものシェアを獲得し、早くも絶大な人気を誇っているのがAppleの「AirPods」。かく言うGIGAZINE編集部員も使用しているのですが、ケースを開けるだけで手間なくiPhoneと接続してくれ、ケースに入れておけば素早くバッテリーを充電することも可能、そしてカナル式イヤホンが苦手な人でも違和感なく付けられるフィット感と、全体的にかなりの好印象です。そんなAirPodsの欠点を挙げるとするなら、iPhoneなどと一緒にAirPodsのケースを持ち運ばなければいけない点で、コンパクトではあるもののどこかに忘れたり落としたりしそうな絶妙なサイズ感となっています。そんな心配を解消してくれそうなのが「PodCase」で、ひとつで同時にiPhoneとAirPodsのバッテリーケースになってくれるため、AirPodsを単独で持ち運ぶ必要がなくなります。

PodCase - Battery Case for Your iPhone and AirPods by Nova Technology — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/581404323/podcase-battery-case-for-your-iphone-and-airpods

PodCaseがどんなバッテリーケースなのかは以下のムービーを見ればわかります。


Bluetooth接続でiPhoneなどと接続して使えるワイヤレスイヤホンのAirPods。


ケースを開けるだけで簡単に接続できるワイヤレスイヤホンなのですが、使用するには接続して使うiPhoneなどの端末と一緒にAirPodsを持ち歩く必要があります。さらに、端末を充電するための拡張バッテリーまで持ち歩くとなると、荷物がドッサリでうんざりしてしまいそう。


そんな時に便利なのが、AirPodsのケース兼iPhoneの拡張バッテリーケースになるPodCaseです。


PodCaseのバッテリー容量は2500mAhで、iPhone 7を1回分、AirPodsを40回分フル充電可能です。


ケースからAirPodsを直接取り出すことが可能になります。


iPhoneはポケットに入れたまま、AirPodsを取り出して音楽を聴いたり電話を受けたりすることが可能。


PodCaseのUSB-Cポートを使用すれば、PodCase・iPhone・AirPodsをまとめて一度に充電することもできます。PodCase背面下部にはインジケーターがあるので、いつでもバッテリー残量を確認可能です。


PodCaseは標準的な拡張バッテリーケースと同程度の厚さとなっており、最も厚みのあるのはAirPodsの収納スペースがある部分。AirPodsの収納スペースの設計図は以下の通り。プロトタイプは既に完成済みで中国のiPhoneバッテリーケース専門工場との提携も済んでいます。


そんなPodCaseは現在クラウドファンディングサイトのKickstarter上で出資を募集中。目標金額は234万7725香港ドル(約3200万円)で、記事作成時点では約20万香港ドル(約280万円)が集まっています。PodCaseが欲しい場合は697香港ドル(約9600円)の出資でひとつ、1292香港ドル(約1万8000円)の出資で2つをゲット可能です。なお、PodCaseの出荷は2018年2月を予定しており、日本への配送には別途79香港ドル(約1100円)が必要となります。

PodCaseへの出資期限は2017年10月7日の23時15分です。

PodCase - Battery Case for Your iPhone and AirPods by Nova Technology — Kickstarter

・関連記事
Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」が届いたので本当に落ちたりしないのか、使い勝手など実際に試してみた - GIGAZINE

入手困難なAppleの「AirPods」をバラバラ分解、分解してわかったこととは? - GIGAZINE

「落とす・なくすが不可避」と噂のApple「AirPods」をさっそく落下&水没テストしてみたムービーが公開中 - GIGAZINE

AirPodsを落として無くさない究極の方法がコレ - GIGAZINE

263

in モバイル,  ハードウェア,  動画, Posted by logu_ii