器から溢れるチョコレートにホイップクリームてんこ盛りの「フローズンホットチョコレート」をSerendipity 3で食べてきた


1954年にニューヨークで生まれたというカフェ「Serendipity 3(セレンディピティ スリー)」が、2017年夏に日本に初出店しました。たっぷりのホイップクリームを使った「フローズンホットチョコレート」が看板メニューだということなので、体感しに行ってきました。

Serendipity3 Japan - ホーム
https://www.facebook.com/Serendipity3Japan/

お店は表参道にある「東急プラザ表参道渋谷」の中にあります。


エスカレーターで3階まで上るとピンク色が基調の目立つお店があります。これが「Serendipity 3」。


ニューヨークにオープンしたのは1954年で、60年以上にわたって愛されているとのこと。


メニューはこんな感じ、カフェなので幅広いメニューが用意されています。


その中で看板となっているのが「フローズンホットチョコレート」。税込1590円というのは、フローズンドリンクとしては相当高い部類だと思ったのですが……


5分ちょっとしてテーブルにやってきた品を見て納得。下のお皿に溶けたチョコレートがこぼれていますが、これでもテーブルにきてすぐに撮影したものです。


横にiPhone SEを構えてみました。ホイップクリームがはみ出していて、器の真横に寄せることはできませんでしたが、もしホイップクリームの上にiPhone SEを置いたらスポッとすべて埋まってしまいそう。


上から見下ろすと、器のフローズンチョコレート部分がまったく見えません。


ホイップクリームとフローズンチョコレートの境界線はこんな感じ。


スプーンで思い切ってホイップクリームをすくい取っていくと……


ホイップクリームの層の厚さ、そしてチョコレートの濃さがわかります。


ふわふわモコモコのホイップクリームと、シャリシャリ冷たいチョコレートの組み合わせで、甘さがキーンと突き抜けていくような感覚。


これだけ氷の量があると、だんだんと溶けてチョコレートの味が薄くなるのではないかと思っていたのですが、いつまでもチョコレートの濃さは健在。ホイップクリームも、食べても食べてもなかなか減らず、「まだある」という安心感が続きます。


チョコレート好き、かき氷好きの人はぜひ一度食べてみて欲しい品です。なお、日本限定メニューとして抹茶アイス入りのフローズンホットチョコレートもあります。


ちなみに「Serendipity 3」という名前は、ペルシャのおとぎ話「セレンディップの3人の王子」に由来しているとのことです。

・関連記事
ローソン×ゴディバの濃厚スイーツ第3弾「Uchi Café SWEETS×GODIVA」のショコラタルト&ガトーショコラを一足先に食べてみました - GIGAZINE

ほのかなミントが香り爽やかなスターバックスのチルドカップ「ミントチョコレート WITH チョコレートプディング」試飲レビュー - GIGAZINE

「ブラックサンダー」のザクザク食感を再現した「マックフルーリー ブラックサンダー」はまさに「冷たい雷神」 - GIGAZINE

ホワイトチョコ以来80年ぶりの新作、ピンクに色づいたニュータイプのチョコレート「ルビー」誕生 - GIGAZINE

114

in 試食, Posted by logc_nt