iPhone 8が高価になるのは有機ディスプレイがSamsung独占だからとの見方


シリーズで初となる「ベゼルレスディスプレイ」を搭載するとみられている「iPhone 8」は最も価格の安いモデルでも999ドルになると予測されているのですが、iPhone関連のリーク情報で知られるMing-Chi Kuo氏によると価格上昇の原因の一つはモデルの要となるOLED(有機ELディスプレイ)の生産をSamsung一社に依存していることにあり、Appleは代替となるサプライヤー探しに奔走している模様です。

Samsung is sole supplier of costly 'iPhone 8' OLED, putting Apple in 'urgent need' of alternatives
http://appleinsider.com/articles/17/09/06/samsung-is-sole-supplier-of-costly-iphone-8-oled-putting-apple-in-urgent-need-of-alternatives

KGI: iPhone 8 cost higher due to Samsung controlling OLED, no Touch ID due to 3D Touch | 9to5Mac
https://9to5mac.com/2017/09/06/kgi-iphone-oled-samsung-touch-id/

The next iPhone could be super expensive thanks to Samsung
http://mashable.com/2017/09/06/iphone-8-samsung-oled-cost-rumor/

KGI SecuritiesのKuo氏が投資家に公表した資料によると、iPhone 8のディスプレイに関してはSamsungがキャスティングボートを握っているとのこと。これはもちろんディスプレイの生産がSamsung独占状態にあるためで、iPhone1台あたりのディスプレイにかかるコストは120ドルから130ドル(約1万3000円~1万4200円)とみられています。ちなみに、iPhone 7 Plusの5.5インチ液晶ディスプレイは1枚あたり45ドルから55ドル(約4900円~6000円)とみられており、いかにSamsung製OLEDの価格が高くなっているかがわかります。

Kuo氏は、AppleはOLEDを供給できる第2のサプライヤー探しになっていると語っています。しかし、最新技術であるOLEDをAppleの求める品質基準で生産できるサプライヤーはかなり限定されるとみられることから、事態が改善されるにはまだ時間がかかりそうです。

ちなみにKuo氏は、iPhone 8で取り沙汰されている「TouchIDは廃止されるのか」問題についてはまだ確かな情報を入手していない模様。資料の中では、OLED搭載と引き替えに「廃止される可能性はある」としながらも、断言は避けているとのこと。TouchID、または指紋認証機能の廃止についてKuo氏は、「ディスプレイを通しての指紋認証性能はあまり高くないと見られており、これがAppleはOLEDで指紋認証機能を搭載しない理由と考えられます」と語っています。


なお、OLEDの生産については日本のジャパンディスプレイが2018年にもスマートフォン向けパネルの生産を開始すると見られており、こちらも期待が集まりそうです。

JDI、18年にスマホ向け有機ELを量産−来春、石川に試作ライン | エレクトロニクス ニュース | 日刊工業新聞 電子版

・関連記事
iPhone 8を製造するFoxconn役員が有機ELディスプレイの歩留まりなどの情報をリーク - GIGAZINE

iPhone 8の製造に遅れ、発表直後から品薄になるとアナリストが予想 - GIGAZINE

「iPhone 8」の確定版デザインをForbesがリーク、電源ボタンが巨大化か - GIGAZINE

将来のiPhone搭載に向けてLGが1兆円超の有機ELディスプレイ設備投資を決定 - GIGAZINE

153

in モバイル,  ハードウェア, Posted by logx_tm