コイケヤの創業当初の食感を目指した新ポテトチップス「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感」は「パリ」より「バリ」な濁音食感


2017年2月に発売した「KOIKEYA PRIDE POTATO(湖池屋プライドポテト)」シリーズの新商品、「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感」が2017年9月4日に新登場し、編集部に速攻で送られてきました。手作業でじっくりと丁寧に揚げていた創業当時のポテトチップスの絶妙な食感を追求したとのことなので、さっそくその食感と味わいを確かめてみました。

「湖池屋プライドポテト」に家族が増えました 祝・「湖池屋プライドポテト 手揚食感」誕生 『大盤振る舞いイモキャンペーン』実施
http://koikeya.co.jp/news/detail/855.html


「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平釜の塩」と「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 柚子香るぶどう山椒」は、青と緑のシックなデザインが目を引きます。


「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平釜の塩」のパッケージ。


パッケージには「手揚食感」のロゴがデザインされています。


側面には原材料など。植物油、食塩と続いた次に記載される「まぐろ節」が興味を引きます。


商品表示の下にはアレルゲン27品目対象の内容物や栄養成分表示など。


もう片方の側面には「KOIKEYA」の文字と重なるポテチが食欲をそそります。


裏面からは「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感」のこだわりがうかがえます。「手揚食感」は手作業でじっくりと丁寧に揚げていた、創業当時のポテトチップスのような絶妙な食感を追求しているのだそう。


いざ開封。だしの香りがうっすらとただよってきました。


中身をお皿に盛ってみたところ。見た目は何の変哲もありませんが、若干濃いきつね色に感じます。


「KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝濃厚のり塩」との違いを食べ比べてみることにします。


お皿に入れただけの見た目からでは違いは感じられず、「手揚食感」は何が違うのかよくわかりません。


まずは2017年2月から販売していた「KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝濃厚のり塩」から。「KOIKEYA PRIDE POTATO」は一般的なポテトチップスよりしっかりとした食感で、味も濃く食べ応えがあります。


次に「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平釜の塩」を実食。「秘伝濃厚のり塩」がパリっとした食感ならば「手揚食感 長崎平釜の塩」はバリッという食感。一般的なポテトチップスがサクッなら「手揚食感」はザクッという食感です。塩味もさることながら、だしの風味がうっすら広がり、とても芳醇(ほうじゅん)な味わいになっていました。


もう1つの「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 柚子香るぶどう山椒」のパッケージは以下のような感じです。「ぶどう山椒」は山椒の名産地和歌山県が生んだ品種で、「緑のダイヤ」と呼ばれるほどの最高級品だとのこと。


側面には商品表示と……


アレルゲン27品目対象などが記載されています。


裏面には「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 柚子香るぶどう山椒」の詳細が記載されていました。原材料のうち柚子皮は高知県産のものを、ぶどう山椒は和歌山県産のものを使用しているらしく、こだわりが読み取れます。


開封するとたちどころにかんきつ系の風味が香ります。


お皿に取り出して観察してみました。表面に黒いつぶつぶが付着しているのが特徴的です。


味わいはとにかく独特。柚子の風味がぐわっと広がりつつ、味ははっきりと山椒。しかしピリリと刺激があるわけではなく、山椒のうまみだけを感じます。2枚、3枚と食べ進めるも何とも言えぬ味わいで、お酒のおつまみとしても優秀ではないかと思われます。


カラッと揚げたバリ、ザク、の食感と濃いめの味わいも相まって、飲み物が恋しくなります。コーラを用意して「」スタイルにすれば、よろこびもひとしおです。


「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平釜の塩」と「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 柚子香るぶどう山椒」は2017年9月4日より全国コンビニエンスストア、2017年9月18日より全国スーパーマーケット等にて発売。その発売を記念した「大盤振る舞いイモキャンペーン」も開始されるとのことです。「KOIKEYA PRIDE POTATO」の詰め合わせとともに、トップ画の升や樽が当たるのだとか。「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 柚子香るぶどう山椒」は人を選びそうな独特の味わいでしたが、「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平釜の塩」は手揚食感も単純なはずの塩味もレベルが高く、「ポテトチップスの中でも一番好き」という意見が編集部の中で複数出るほどの味わいでした。

・関連記事
湖池屋がプライドをかけて素材と製法にこだわった和のポテトチップス「KOIKEYA PRIDE POTATO」3種を食べてみた - GIGAZINE

カラムーチョのやみつきになる味をナゲットで再現した「100ナゲット カラムーチョ」試食レビュー - GIGAZINE

幻のじゃがいもをぜいたくに使用したプレミアム感満載の「ポテトチップスのり塩 今金男しゃく」を食べてみました - GIGAZINE

カラムーチョ&すっぱムーチョと一平ちゃんが融合した「明星 一平ちゃん夜店の焼そば カラムーチョホットチリ味/すっぱムーチョさっぱり梅味」を食べてみました - GIGAZINE

チーズ味のポテチが途中でティラミス味に変化するコイケヤ「じゃが味+」を食べてみた - GIGAZINE

283

in 試食, Posted by log1e_dh