抹茶フラッペに黒蜜きなこ白玉がトッピングされたドリンクなのにデザート感覚な「黒蜜きなこ抹茶フラッペ」をマクドナルドで飲んできた


一部のマクドナルドには専属のバリスタが入れてくれるスペシャルなドリンクメニューが楽しめる「McCafé by Barista」併設店舗があります。そのMcCafé by Baristaではこれまで、抹茶ラテ・抹茶ラテフラッペ抹茶あずきフラッペといった抹茶ドリンクが登場していたのですが、2017年も9月1日から期間限定で登場します。販売されるのはこれまで登場した「抹茶ラテ」「アイス抹茶ラテ」「抹茶ラテフラッペ」の他、新作の「黒蜜きなこ抹茶フラッペ」の計4種類ということで、さっそくマクドナルドで飲んできました。

マクドナルド90店舗限定の“McCafé by Barista”で、宇治抹茶シリーズに新商品登場!「黒蜜きなこ抹茶フラッペ」
http://www.mcd-holdings.co.jp/news/2017/promotion/promo0828a.html

というわけでさっそくMcCafé by Barista併設店舗へやってきました。


これが「黒蜜きなこ抹茶フラッペ」のMサイズ。


カップには「#カフェの穴場」というハッシュタグ。


カップを横から見るとこんな感じで、抹茶フラッペの上にたっぷりのホイップクリームときなこ、白玉、黒蜜がトッピングされており、黒蜜は一部が抹茶フラッペの中に流れ込んでいます。


カップとストローを取るとこんな感じ。


カップの大きさはiPhone 7と比べてこれくらいのサイズ。


たっぷりのホイップクリームに黒蜜ときなこをたっぷり。きなこはかなりたっぷりトッピングされているのでフタを取る際にこぼれないよう注意が必要です。


そして白玉が3つ。白玉はストローでは飲めないのでデザートのようにスプーンなどで食べる必要があります。


フラッペ部分は京都産の宇治抹茶とたっぷりの牛乳を合わせた抹茶ラテフラッペで、実際に飲んでみると、抹茶の香りと牛乳のまろやかさがグッド。ここにホイップクリームを溶かすと抹茶フラッペはさらにまろやかになり、沖縄県産の黒糖を使用した黒蜜と一緒に飲むと黒蜜の豊かな風味がアクセントとなってこれもこれでかなりアリ。きなこと黒蜜は抹茶フラッペと完全に混ぜてしまうと風味が弱くなってしまうので、風味を感じたい時に飲むようにするとさまざまな味わいを楽しめて良さげです。


なお、「黒蜜きなこ抹茶フラッペ」はMサイズが税込490円、Lサイズが税込530円。販売期間は2017年9月1日(金)から10月上旬までを予定しています。

・関連記事
升の中に抹茶尽くしの食べられる日本庭園「茶房パフェ- 日本庭園風-」をSALON GINZA SABOUで食べてきた - GIGAZINE

創業250年の老舗茶屋が作る夏季限定の本場の宇治金時「宇治しのぶ」 - GIGAZINE

自分でお茶が点てられるカフェ「楚々」に行ってみました - GIGAZINE

抹茶とぜんざいが絶妙にマッチした和田乃屋「抹茶ぜんざい」試食レビュー - GIGAZINE

ありえないボリュームのクリームがサンドされた生どら焼きが食べられる「朧八瑞雲堂」に行ってきた - GIGAZINE

106

in 試食, Posted by logu_ii