歩く速度によって心疾患で死亡するリスクが変化する

by Michael Taggart Photography

約42万人の中年の人々について6年間にわたりデータを取得して調査した結果、「自分の歩く速度はゆっくりである」と考えている人は、「自分の歩くペースは速い」と考えている人に比べて心疾患で亡くなるリスクが高くなることが判明しました。

Association of walking pace and handgrip strength with all-cause, cardiovascular, and cancer mortality: a UK Biobank observational study | European Heart Journal | Oxford Academic
https://academic.oup.com/eurheartj/article/4090989/Association-of-walking-pace-and-handgrip-strength

Study shows slow walking pace is good predictor of heart-related deaths | EurekAlert! Science News
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2017-08/uol-sss082917.php

How Fast Do You Walk? Your Answer Could Predict Your Risk of Heart Disease Death
https://www.livescience.com/60268-walking-speed-heart-disease.html

この研究は、イギリスに住む約42万人の中年の男女を6年間追跡調査したもの。被験者らはデータが収集された時点でがんや心臓疾患をわずらっておらず、データを分析する際には運動習慣・食生活・アルコールや喫煙の習慣といった各人の要素が勘案され調整されました。

被験者らは、自分の歩く速度を「ゆっくり」「平均的」「速い」といったレベルのいずれに当たるかを尋ねられるとともに、それぞれの被験者の運動レベルを判断すべくラボでエクササイズのテストも行われたとのこと。なお、調査を行っている期間内に亡くなった被験者は約8600人で、そのうち心疾患を死亡理由としている人は約1650人でした。

調査の結果、自分の歩くペースを「ゆっくり」だとした人は、調査を行った6年間のうちに心疾患を理由として亡くなる割合が、自分の歩くペースを「速い」と判断した人よりも1.8~2.4倍高いことが判明。また、BMIが低いほど死亡率が高くなるという結果となっており、研究者はこの理由について「年齢に比べて筋肉量の低下が大きかったり、栄養失調であったりしたため」と見ています。

by Peter Miranda

また、自己申告した歩くペースとエクササイズのテストの結果は強い関連性を見せていました。別の言い方をすると、歩くペースを「ゆっくり」だと申告した被験者らは運動レベルが低く、ゆえに心疾患のリスクが高くなるのだと研究者らは見ています。

イギリス・レスター大学のTom Yates教授は「歩くペースを自己申告させることによって、運動を行わない人を識別することが可能であり、その結果として心疾患にかかる確率が高い人を見分けることができます」と語っています。なお、歩くペースとがんとの関係についても調べられたそうですが、こちらには関連性を見つけることができなかったとのことです。

by Scott Webb

・関連記事
「運動は健康にいいがダイエットに最適な方法ではない」という理由とは? - GIGAZINE

なぜ女性は筋トレをしないといけないのか - GIGAZINE

「週末だけの運動」も「毎日の運動」も体に与える影響はほぼ同じだということが判明 - GIGAZINE

あなたが運動を続けられないのは友だちのせいかもしれない - GIGAZINE

「富の格差」があるように「運動格差」が存在し格差が大きいほど肥満率に影響する - GIGAZINE

若者よりも高齢者の方が筋肉が活性化される運動方法とは? - GIGAZINE

ランニングすると気分がすっきりする魔法の仕組みを神経科学者が解説 - GIGAZINE

「筋肉はどのように成長するのか?」そのメカニズムをアニメで解説 - GIGAZINE

174

in サイエンス, Posted by logq_fa