のぞき見不可能な「魔法のモニター」を作る方法、材料は映画館の3Dメガネと偏光板を剥がしたディスプレイ


液晶ディスプレイには2枚の偏光板(偏光フィルタ)が使用されていますが、このうち1枚を剥がし、代わりに映画館の3Dメガネで使われている偏光板を使うことで、他の誰にも覗き見不可能な「魔法のモニター」が作れるそうで、実際にゆき@技術書典3(@yk_ichinomiya)さんがデモ映像をTwitterで公開しています。


レンズを通して見えているのは「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」公式サイト


しかし、レンズを通さないと画面は真っ白。


また、レンズの角度を変えると色が変わってしまい……


適切な角度に戻すとまた見えるようになります。


「魔法のモニタ」の発想自体はすでに存在したものの、面白そうということで実際に作ることにしたようです。


もともと、液晶ディスプレイは偏光フィルタ2枚で挟んで作られているので、そのうち1枚を外して、3Dメガネのレンズに代わりをしてもらう、という仕組みです。


なお、作り方をまとめた本を2017年10月22日(日)にアキバ・スクエアで開催される技術書典3で発行予定だとのこと。

・関連記事
窓の向こうの見えてはいけないものを覗き見できるサングラスを使った広告 - GIGAZINE

3D映画ブームを一過性で終わらせないためにどうすればいいのか、歴史と技術をひもとく - GIGAZINE

専用メガネなしでどの座席からでも映画が立体的に見える新たな裸眼3D技術「Cinema 3D」 - GIGAZINE

278

in ハードウェア,  動画, Posted by logc_nt