肉好きのためのサブウェイ「アメリカンポークリブ」の新味「スパイシーBBQソース」は汗が滴るレベルの刺激的な辛さ


サブウェイが2017年8月23日(水)から9月30日(土)までの期間限定で、直火でポークリブを焼き上げるという肉大好き人間にはたまらないサンドイッチ「アメリカンポークリブ」を販売開始しました。売りとなるのは、あなたを甘やかす「ハニーマスタードソース」とスパルタな「スパイシーBBQソース」の「迷える2つのソース」とのこと。「ハニーマスタードソース」はGIGAZINEの以前の記事でレビューを掲載していますが、新たに「スパイシーBBQソース」が登場したとのことなので発売日に速攻で食べに行ってきました。

迷える2つのソース!アメリカンポークリブ|野菜のサブウェイ公式サイト
https://www.subway.co.jp/campaign/americanporkrib2017/

「アメリカンポークリブ」は、パンの種類、焼くかどうかを選べます。パンは下の画像の通り、小麦胚芽入りウィート、プレーンなホワイト、ホワイトにゴマをトッピングしたセサミ、ウィートにハチミツ・オーツ・大豆をプラスしたハニーオーツの4種類となっていました。


店員さんにおすすめを尋ねたところ、「ウィートを焼きで」とのことなのでそれを注文しました。包装をといたウィート&焼きの「アメリカンポークリブ スパイシーBBQソース」はこんな感じ。


ジューシーなポークと、真っ赤なソース。ハバネロ、唐辛子、マスタードをブレンドした刺激的なソースで、見ているだけで食欲をそそります。


サブウェイの代名詞の野菜が下にたっぷり。苦手な野菜があれば抜いてもらえますが、今回は「全部のせ」。


ブラックオリーブ、ピーマン、トマトと……


タマネギ、さらに下にはレタス。


iPhone 6sとともに大きさ比較。ちょうど同じくらいの大きさのブレッド&ポークでした。


包装紙でしっかり持ち、いざ実食。かぶりつこうとするには、口をグワッと開けなくては入りません。


ハバネロと唐辛子のソースと聞いて怯えていましたが、ポークリブの旨みと野菜の甘みでソースの辛さはほどよく緩和されている……と思いきや、後から強烈な辛みがやってきました。食べ進めていると刺激がどんどん襲ってくるので、少なくとも飲み物必須。辛いものが苦手な人はおすすめできないレベルとなっていました。


参考程度に、以前レビューしたハニーマスタードソースのアメリカンポークリブを左に並べてみました。ハニーマスタードは黄色いソース、スパイシーBBQソースは赤いソース。


「アメリカンポークリブ スパイシーBBQソース」は、ソースの刺激が強い中でもしっかりとポークリブの旨みと野菜の甘さ、みずみずしさが感じられますが、後を引く強烈な辛さが特徴。涼しい店内でも汗が止めどなく滴ってくる、夏らしい食べ物でした。

「アメリカンポークリブ」は税込490円で2017年8月23日(水)から9月30日(土)までの期間限定販売です。残暑にかく苦痛の汗を辛さと言う恍惚の汗に変えるべく、「スパイシーBBQソース」を堪能してみるのも「あり」なはずです。

・関連記事
ミルフィーユ状の神戸牛カツの脂がとろける「神戸牛のビフカツサンド」を食べてみた - GIGAZINE

ミルフィーユ状の神戸牛カツの脂がとろける「神戸牛のビフカツサンド」を食べてみた - GIGAZINE

マック軍・東京ローストビーフバーガーとマクド軍・大阪ビーフカツバーガーを食べてみた - GIGAZINE

肉と肉で具材を挟んだ衝撃の低糖質バーガー「ワイルド☆ロック」をファーストキッチン・ウェンディーズで食べてみた - GIGAZINE

バッファローチキンソースが「コク辛」なKFC「スパイシーチキンラップ ムチョス」を食べてみた - GIGAZINE

豆板醤・豆鼓醤・甜麺醤の効いた松屋の「粗挽き肉と茄子の麻婆カレー定食」を食べてみた - GIGAZINE

91

in 試食, Posted by log1e_dh