高速道路に乗ったままでも利用できる東名高速・足柄SAのホテル「レストイン時之栖」に泊まってみました


日本最大規模の駐車台数を誇る東名高速・足柄サービスエリアの施設内には、なんと高速道路に乗ったまま宿泊できてしまうハイウェイホテル「レストイン時之栖」があります。よくあるサービスエリアの休憩所かと思いきや、サウナ付きの炭酸泉大浴場やレストラン、SA直結ならではのコンビニやおみやげの売店、さらにはドッグラン施設まで利用できてしまえるというホテルに泊まってみることにしました。

足柄サービスエリア上り EXPASA足柄 レストイン時之栖 | 時之栖
http://www.tokinosumika.com/restinn/

レストイン時之栖は、東名高速・御殿場ICから東京方面に3kmほどに位置する「足柄サービスエリア」の上り線側にあるホテル。名古屋方面への下り線でも無料の送迎バスがあるほか、高速道路ではない一般道から利用することも可能です。


足柄SAに到着。ホテルがある場所は、写真の奥の方で木が植わっているあたり。


ホテルは、横長の建物の奥の方に位置しているため、最初は地図を見ながらでないと少し迷ってしまうかも。そんな場合でも、温泉施設を目指して進めばわかりやすいはず。


「レストイン時之栖」と書かれたドアから入るか、建物内のフードコートやローソンの近くのドアから入るとすぐに見つけることができます。


「足柄金時湯」の大きな看板のところにあるドアを入ると、その先に温泉とホテルのカウンターがありました。


客室はごく一般的なビジネスホテルのような雰囲気。シンプルに宿泊する用途にピッタリといえそう。


今回宿泊したシングルの部屋はこんな感じ。室内の様子もまさに「ビジネスホテル」といった雰囲気です。シングルルームの他には、ツイン、バリアフリー・トリプル、和室(6畳+4畳)の全4タイプの客室が用意されています。


ゆったりとしたサイズのシングルベッド。


ビニール袋に入ったハンドタオルとバスタオル、上下別タイプのパジャマが用意されています。


ベッドは適度な硬さがあるタイプ。寝心地に過不足はなく、問題なく眠ることができそう。


ベッドに据え付けの目覚まし時計は電源が入らず、かわりに目覚まし時計が置かれていました。


アメニティ類が置かれたサイドテーブル。


コップ、ティーバッグと湯沸かしポット


歯ブラシとカミソリ、コットンやマウスウォッシュなど。一般的には洗面台の近くに置かれていることが多いこれらのグッズですが、今回は部屋の中に置かれていました。


テレビなどが置かれたテーブルは、PCを広げて簡単な作業することも可能な大きさ。鏡の下に置かれている、穴のあいた四角い装置は空気清浄機でした。


コンセントは卓上に3口あるので、スマートフォンの充電やPCの電源などを行っても余裕がありそう。


冷蔵庫は電源を入れて使うタイプ。あらゆる箇所が、ごく一般的なビジネスホテルといった造りとなっているので、出張の際に利用する用途にも安心して利用できます。


大浴場は16時から翌朝10時まで利用することが可能で、部屋に置かれたパジャマに着替えて行ってもOK。チェックアウト時間は10時となっています。また今回利用した際には、部屋に置かれたテレビでは一般のテレビ番組の他、映画やドラマ、アニメ、アダルト番組などが見られるビデオ・オン・デマンドを無料で利用することができました。


客室内にはユニットバスが用意されています。これとは別に、宿泊者は歩いて30秒のところにある大浴場を利用することも可能。


シャンプー、リンス、ボディソープはユニットバス内に設置されています。


洗顔とシェービングクリーム兼用の洗顔フォームとハンドソープなども置かれていました。


トイレはウォシュレットタイプになっていました。


大浴場には少し小ぶりな湯船とサウナ、水風呂があり、思った以上にゆったりと疲れを癒やすことができました。


今回は朝食付きのプランを選択。レストインに隣接する「レストラン時之栖」で午前6時から10時の間に朝食が提供されています。


レストラン時之栖で……


朝食券を出すと、しらすごはんと汁物、冷や奴、焼き鮭、漬け物と味付け海苔の朝食セットが提供されました。


しらすごはんはシンプルな味付けで、そのまま食べても良し、少ししょうゆを垂らしても良しな味。しらすの名産地である駿河湾や相模湾の近くならではの朝食の一品となっていました。


なお、今回宿泊したシングルルームの場合、宿泊料は5600円となっています。ツインやトリプル、和室の場合も1人あたりの料金は5000円程度ですが、人数が増えるたびに割安になっています。また、楽天トラベルなどの宿泊プランでは、2人分の料金が5600円になるプランや、連泊することで一泊あたりの料金が4800円程度になるプランもあるので、チェックしてみても良さそうです。

料金表 | 足柄サービスエリア上り EXPASA足柄 レストイン時之栖 | 時之栖

・関連記事
6000円以下で飛行機のファーストクラスをイメージした部屋に泊まれる「ファーストキャビン」宿泊レポ - GIGAZINE

駅徒歩1分で天然温泉あり、知床観光で使える「ルートイングランティア知床-斜里駅前-」 - GIGAZINE

秘密基地のような本棚の中で本にまみれながら眠れるホステル「BOOK AND BED TOKYO」の京都店に行ってきた - GIGAZINE

日本最古のエレベーターは完全手動操作で蛇腹式扉が開閉する度に大正時代へタイムスリップ - GIGAZINE

明治に建てられた呉服屋をホテルに作り変えた「三井ガーデンホテル京都新町 別邸」に泊まってみました - GIGAZINE

4500円から泊まれる都心の昭和レトロ「鳳明館 森川別館」に泊まってみた - GIGAZINE

241

in レビュー, Posted by logx_tm