運転手ごとの個人設定をクラウド上に保存、いつどこでどの車に乗ってもドライバーピッタリに

By cdorobek

テスラやスペースXのCEOを務めるイーロン・マスク氏といえば、自身のTwitterアカウント上からさまざまな情報を積極的に発信することでも有名です。そんなマスク氏がTwitter上で、テスラの電気自動車(EV)はすべての情報や設定をクラウド上に保存するので、世界のどこでどの車両を運転しても、ドライバーに合わせた設定に調整できるようになると語っています。

Any Tesla will soon pull your personal settings from the cloud
https://www.engadget.com/2017/08/21/tesla-driver-profiles-stored-in-cloud/


ことの発端となったのは以下のツイート。最初にプログラマーのダニエル・フェアチャイルドさん(@dfchil)がマスク氏に向けて「ナビゲーション内の作業場所が全て同じになるのではなく、プロフィールごとに選べるようにできませんか?」という質問を投げたところ、「我々は全ての情報と設定をクラウド上のサーバーに移動させる予定なので、世界中でどのテスラ車両に乗っても、あなた向けの設定に自動調節されるようになります」という返事が戻ってきています。


テスラのEV上に保存できるデータには、シートやステアホイールの設定の他に、地図・回生ブレーキ・温度などの設定も含まれているため、これらのデータをクラウド上に保存可能となれば、世界中のどの車両に乗っても「いつもの自分の車両」と同じ感覚で運転可能になるというわけです。

By Mirko Tobias Schäfer

テスラといえばついに普及価格帯のEV「モデル3」の生産がスタートしたと言われており、この車両はレンタカーやカーシェアリングに大量導入されるとみられています。そういったサービスを利用しても、個人設定がクラウド上に保存されていれば、いつでも自分にピッタリの設定を読み出すことができるというのはかなり便利そう。

テスラの普及価格帯EV「モデル3」の生産がついに7月から開始されるとマスクCEOがツイートして発表 - GIGAZINE


なお、レンタカーやカーシェアリングの需要が高まることで自動車を所有する人の数は減少すると予測されており、そういった社会ではクラウドベースでドライバーのプロファイルを管理できるようになる必要がある、とEngadget。そして、そういったシステムをテスラは他のどの企業よりも早く導入することになりそう、としています。

・関連記事
テスラが中国国内に工場を建設してEV生産に乗り出す計画が判明 - GIGAZINE

「完全自動運転」を実現したテスラ・モデルXで自宅から会社まで通勤、さらには自動パーキングする様子 - GIGAZINE

テスラのオートパイロットに欠陥はなし、むしろ事故を40%も減らすとの調査結果 - GIGAZINE

電気自動車およびプラグインハイブリッドカーの市場シェアが37%に到達 - GIGAZINE

テスラの新型EV「モデル3」は400万円で2016年3月31日から予約受付開始 - GIGAZINE

35

in ソフトウェア,   乗り物, Posted by logu_ii