間取り図を一見しただけで「おかしい」とわかる物件揃いの「Y澤不動産」


普通の不動産屋のサイトのようでありながら、掲載されている物件の間取り図が明らかにどこかおかしい「Y澤不動産」が話題になっています。

Y澤不動産
http://obakensan.com/y_fudou/index.html


東京都杉並区方南町周辺の物件に強いらしい「Y澤不動産」。いろいろな物件を扱っていますが、どの物件も一癖あるものばかり。たとえば、この細長い4.5帖のワンルーム。部屋の奥にトイレがなんの仕切りもなく設置されています。なお、玄関にはペットシャワーを完備しているとのこと。


旗竿地にあるっぽい部屋は「1K」ですが、玄関からくねくねと廊下を進んだ先にあるのがキッチンで、洋間はわずか0.5帖。これでバス・トイレ別というのがすごい。


なぜ間取り図にロフトしかないのかと思ったら、ロフトの間借りだとのこと。トイレやキッチンは許可が下りれば使用可能というのは、なかなかハードルが高い……。


回廊のような部屋は、中央が庭ではなく玄関(エレベーター)で、その外側を洋室、トイレと浴室、LDKが順番に取り囲んでいます。「開放感あふれる○○」というフレーズはよく聞きますが、ここは「閉塞感あふれるデザイナーズマンション」だそうです。


バスとキッチンがちゃんとある部屋に見えますが、メインの部屋が「ウッドデッキバルコニー」。当然、屋根なしで、しかもトイレは吹きさらしの屋外にぽつん。


「全室からトイレへアクセス可能」という部屋は、むしろ「トイレを通らないと他の部屋に移動できない」というイカレっぷり。


リビングを含めたすべての部屋にシャワールームが設置されている、シャワー大好きな人向け物件。


しかし、ここまでに挙げた物件は実はすべて契約済み。内覧可能となっていたのは木造築45年で1階は入居済みだという物件の2階の1部屋だけ……。


……というこのサイト、人によってはドメイン名の時点でおかしいと気付いているかもしれませんが、不動産屋のサイトなどではなく、実在の古民家を使用した新感覚ホラーアトラクション「畏怖 咽び家」の関連サイトでした。内容は、数々のミッションをクリアして凶悪犯のいる古民家から無事に脱出するというもの。

畏怖 咽び家
http://obakensan.com/if/


ちなみにY澤不動産のブログでは、方南町で頻発しているという女性の行方不明事件に触れられています。

最近、気になること : Y澤不動産のblog
http://blog.livedoor.jp/waizawafudousan/archives/1949088.html

・関連記事
無料で間取り図をひたすら眺めて部屋を探せるアプリ「MADORI」 - GIGAZINE

間取りや家具の配置を決めデザインした部屋を3D化して一人称視点で満喫できる「Roomle」 - GIGAZINE

マウスで簡単に間取り図を作成しWebGLで立体化して中を動き回れる「Wanaplan」 - GIGAZINE

スマホで壁をタッチするだけで部屋の見取り図を作成できる「RoomScan」 - GIGAZINE

刑務所や売春宿の室内を真上から撮影した、部屋の持つストーリーが見えてくる写真いろいろ - GIGAZINE

400

in メモ, Posted by logc_nt