リアルタイムで複数人にホログラムを投影できる「ホログラムテーブル」が2018年に製品化へ


SF映画では立体的な映像を目の前に投影する「ホログラム」がしばしば登場しますが、現実には映画のようなホログラムは実現していない状態です。そんな中、世界で初めて複数の人がさまざまな角度からでもリアルタイムでホログラム映像を体験できる「ホログラムテーブル」が登場しました。

The world's first multi-user hologram table is here, on sale in 2018
http://newatlas.com/hologram-tables-euclideon/50868/

「Unlimited Detail(UD)」という3Dグラフィック処理エンジンを開発したオーストラリアのEuclideonは、UDを基盤とした「マルチユーザーホログラムテーブル」を発表しました。このホログラムテーブルは、最大4人のユーザーが卓上に投影されたホログラムを同時に体験できるというもの。MicrosoftのARヘッドセット「Hololens」も3Dグラフィックを共有できる機能を実装していますが、マルチユーザーホログラムテーブルは専用のグラスを装着するだけで目の前のホログラムを共有することが可能です。


専用グラスを装着することで、ホログラムテーブルがユーザーの片目ごとの動きをトラッキングできるようになり、ユーザーの位置も認識するようになります。これらのモーショントラッキングデータに基づいて、ホログラムテーブルはそれぞれのユーザーに対して正しく投影されたホログラムを構築するため、リアルタイムで異なる角度から同じホログラムを共有できるとのこと。


テーブル上に生成した3Dグラフィックをリアルタイムで最大4人のユーザーに投影するという処理は、グラフィックエンジンに大きな負荷をかけることになりますが、Unlimited Detailがこれを可能にしているわけです。


専用のハンドコントローラーもあり、グラフィックの回転やスライドに使用するようです。


以下がホログラムテーブルのプロトタイプで、サイズは1.5×1.5メートル。製品版のデザインはスペックは確定していませんが、2018年2月までに出荷できるよう生産体制を整えているとのこと。Euclideonのブルース・デルCEOによると、価格は6万オーストラリアドル(約520万円)までになる見込みです。


なお、実際にホログラムテーブルを体験している様子は、以下のムービーから見ることができます。

Hologram Table - YouTube

・関連記事
拡張現実ヘッドセット「Microsoft HoloLens」はどうすごいのかが一発で分かるアプリまとめ - GIGAZINE

Microsoftの「HoloLens(ホロレンズ)」で初音ミクと現実世界でデートする強者が登場 - GIGAZINE

MicrosoftのHoloLens体験を大きく加速させる新型モーションコントローラーを使うとこうなる - GIGAZINE

ポケモンやPortalを「Microsoft HoloLens」の複合現実でプレイするとこうなる - GIGAZINE

現実世界に3Dホログラムを投影し視界を共有&3Dオブジェクトも作れる「Microsoft Holographic」公式デモムービー - GIGAZINE

「我々はホログラムの世界に生きているのではない」ということが明らかに - GIGAZINE

590

in ハードウェア,  動画, Posted by darkhorse_log