ヒビ割れや傷がついたスマホの画面が熱だけで自己修復する技術の特許をモトローラが出願

By hugovk

スマートフォンを引っかいたり落としたりした時についてしまう画面の傷やヒビを、熱を加えるだけで自己修復する技術の特許をモトローラが出願したことがわかりました。

Motorola patented a display that can heal its own cracked screen with heat - The Verge
https://www.theverge.com/circuitbreaker/2017/8/16/16156558/motorola-thermal-heating-patent-cracked-screen

この特許は、特殊なポリマー素材を表面に使用することで自己修復力を持たせるというもの。特許文書に記載されている使用例では、以下の図のように傷やヒビ割れ(1001)が発生した時に……


指を使って修復したいエリアを順になぞります(1201~1204)。ちなみに、画面には修復機能アプリのアイコン(105)が表示されています。


エリアの指定が完了したら、自己修復フェーズをスタート。指定したエリアだけ発熱させる(1301)ことを可能にしており、効率的に熱を加えることができる模様。画面には「膜修復を実行中。さわるな」というメッセージ(1302)が表示されています。


修復が完了すると「膜修復プロセスが完了しました!」というメッセージ(1502)が表示される、という流れになっています。


この技術の要になるのが、「形状記憶ポリマー」と呼ばれる素材。以下のムービーでは、同様の素材が実際にどのように変化するのかを見ることができます。

Shape Memory Polymers: Plastic with a Brain, and Some Muscle - YouTube


細い帯状になっているポリマー。元はもっと短くて太い帯でしたが、手で引っ張って伸ばすことができる可塑性を備えています。


ウネウネとした形に伸ばされたポリマー。ここに指を置くと……


まるで生き物のように動き出すポリマー。人の指程度の熱にも反応して、最初の形状に戻っているところです。


そして最後には、もとの短くて太い帯に戻りました。


このように、コイル状に巻いたとしても……


手のひらの上に置くことで、熱を受けて元の真っ直ぐな形状に戻ります。


復元力は強く、このように縮む力を利用しておもちゃの車を引っ張ったり……


重りをつり上げることもできるようです。


もし傷を自己修復するスマートフォンができれば、誰もが手に入れたくなること必至の新技術ですが、まだこのような特徴を備えた製品が登場するには時間がかかりそう。というのは、現在のスマートフォンのディスプレイは透明なガラス製であるのに対し、このようなポリマーは透明度や光沢度でガラスにかなわないという現実があるため。そのため、最初は子ども向けの丈夫さが求められる端末など限定的な用途に用いられ、そこから先は技術革新を待たなければならない、ということになりそうです。

・関連記事
防水iPhoneにつながるっぽい「自己修復するコネクタ」の特許をAppleが出願 - GIGAZINE

自動的に修復されるコーティング技術登場、スクリーン保護カバーは不要に - GIGAZINE

iPadやiPhoneをドリルで削っても大丈夫な超強力保護シート「invisibleSHIELD」 - GIGAZINE

背面に自己修復素材を採用した「LG G Flex」をナイフやカギで傷つけてみたらどうなるのか? - GIGAZINE

「Galaxy S8」を火あぶり&刃物で攻撃して耐久性を確かめるムービーが公開中 - GIGAZINE

自動的にキズを修復するというとんでもない仕様のAudi A9のコンセプトデザイン - GIGAZINE

483

in ハードウェア,  動画, Posted by logx_tm