「ダンケルク」でも使われるIMAX 70mmフィルムはどのようにして上映するのか?


クリストファー・ノーラン監督は映像の見せ方に大きなこだわりがあり、2014年公開の「インターステラー」ではIMAX 70mmフィルムでの上映を行いました。もちろん、最新作で2017年9月9日(土)公開の「ダンケルク」でもIMAX 70mmフィルム上映が行われることになっています。残念ながら日本国内ではこのIMAX 70mmフィルムの映画を上映できる映画館がなくIMAXデジタル上映となりますが、海外では対応館があります。その上映がどのように行われるのかという様子が「How To Play A Giant 70mm IMAX Film」という映像でわかります。

Before You See DUNKIRK: How To Play A Giant 70mm IMAX Film - YouTube


IMAX 70mmシアターの1つがあるカリフォルニア州サンノゼ。


案内してくれるのはIMAX映写技師のジョン・ラドック氏。


映写技師の朝は、まず映写機のローラー磨きから始まります。その日、フィルムが何度もローラーを通過することになるので、汚れは禁物。


続いてはレンズ磨き。レンズといっても、スクリーン側ではなく、フィルム側です。


汚れがないかどうかを光にすかしてチェックし……


しっかりと磨き上げます。


続いてはフィルムのセット。ここでは、フィルムの取り外しから行っています。


フィルムは1ロールで400ポンド(約181kg)もあるので、キャリアーで運びます。


フィルムを収納し……


次に上映するフィルムを取り出します。


目標めがけてセット。


続いて、外側のロックを固定。


フィルムの内側の枠を抜いて……


冒頭部分を巻き取っていきます。


映写機を始動。


あかりが灯りました


続いて、映写機内側のレール磨き。


ブロワーでホコリを飛ばします。


こちらはサウンドシステム。


音の長さと……


フィルムの長さを一致させます。


再び映写機に戻ります。持ち上げているのは……


フィルムを巻き取るためのパーツで、先ほど設置したフィルムの中央にセット。


そして、リールから送り出したフィルムを引き出して、映写機にセットします。


この白い印と、フレームの区切りを一致させます。


これでバッチリ。


映写機を抜けたフィルムはさらにローラーを通って……


巻き取り用のリールにセット。


これで上映準備はほぼ終わり。


IMAX上映でおなじみ、開始前のカウントダウンの「8」が進んでいきます。


フィルムのスタート印が読み取られたら、フィルム送りがいったんストップ。


ここからは映写機そのものの移動。


セッティング時は下げられていて、映写時には所定の位置まで上がっていきます。


お客さんの入場が開始。


映写室からは準備完了の合図が。


そして、映写がスタート。


フィルムが送られていきます。


上映中……。


ぐんぐんフィルムの残りが減っていき……


上映の終わったフィルムが巻き取られていきます。


そして、上映が終了すると……


お客さんが退場。


映写機もセッティング位置へ下ろされます。


そしてフィルムを外して、また次へ……ということが、1日に7回前後行われているわけです。

・関連記事
映画「ダンケルク」レビュー、「絶望」に完全包囲され追い詰められた中での真の戦い、そして「音」がすごすぎる - GIGAZINE

人類史上最高の物語の1つを新たな戦争映画の描き方で形にした「ダンケルク」クリストファー・ノーラン監督インタビュー - GIGAZINE

クリストファー・ノーラン監督が映画「ダンケルク」でも効果的に利用している「無限音階」 - GIGAZINE

457

in 動画,   映画, Posted by logc_nt