豆板醤・豆鼓醤・甜麺醤の効いた松屋の「粗挽き肉と茄子の麻婆カレー定食」を食べてみた


松屋で2017年8月8日(火)から「粗挽き肉と茄子の麻婆カレー定食」が新登場しました。豆板醤(トウバンジャン)・豆鼓醤(トウチジャン)・甜麺醤(テンメンジャン)の3つの「醤」をはじめとした香辛料をブレンドしてあるという辛味と甘味を味わいに、お店まで食べにいってきました。

粗挽き肉と茄子の麻婆カレー定食新発売!|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/2017/08/01/3792/

単品だと税込390円、定食だと税込590円で、8月15日(火)15時まではライス大盛りが無料。


5分弱で注文した品がやってきました。


香りはカレーのような、麻婆茄子のような、絶妙なライン。


主役はひき肉とナス。


カレーライスのようなノリで、大盛ライスにどばっとかけてみました。


食べてみると、カレーらしさはそれほど強くなく、むしろ甜麺醤など3種の「醤」の味わいが強く、中華料理の1種という印象。豆板醤が入っているのでちょっとピリピリとした辛さはありますが、ナスや甜麺醤の甘さがうまく中和している印象。これはごはんが進むこと間違いなしです。

・関連記事
濃厚&ピリ辛でご飯が進みまくりな「茄子と豆腐と粗挽き肉の四川風麻婆定食」を松屋で食べてきた - GIGAZINE

一さじで料理の味が変わる丸美屋の「コク出し中華複合調味料 深まるひとさじ」を使ってみた - GIGAZINE

麻婆豆腐を使った旨辛ラーメンをバンズの間に挟んでしまった「蒙古タンメンバーガー」と「蒙古丼バーガー」を食べてみた - GIGAZINE

レンチン1分半でピリ辛の麻婆春雨ができる永谷園の「レンジで簡単!麻婆春雨 中辛」を食べてみた - GIGAZINE

105

in 試食, Posted by logc_nt