520万円もする台湾の「グランツーリスモSPORTスーパーバンドル版」には本物のマツダ・ロードスターもセット


リアルな挙動とハイクオリティなCGで高い人気を集めるドライビング&カーライフシミュレーターゲームの最新作「グランツーリスモSPORT」がいよいよ2017年10月19日に日本でも発売されます。ビッグタイトルの登場ということで特別デザインのPS4本体とゲームなどがセットになったPlayStation 4 グランツーリスモSPORT リミテッドエディションなどが日本でも登場していますが、台湾ではなんと4Kテレビやハンドルコントローラーのハイエンドモデル、そしてマツダ・ロードスターの実車までもがセットになった「グランツーリスモSPORTスーパーバンドル版」が発売されます。

史上最強!全球限量乙組!PS4™專用遊戲『Gran Turismo Sport』超級同捆組 豪華收錄8項商品 建議售價新台幣1,398,000元 全台巡迴賽及體驗活動 11月4日起熱烈開跑!
https://asia.playstation.com/cht-tw/latest-news/2017/20171016_super-bundle/

'Gran Turismo Sport' Super Bundle comes with a real Mazda Miata - Autoblog
https://www.autoblog.com/2017/10/17/gran-turismo-sport-super-bundle-real-mazda-miata/

自動車ゲームを購入すると一緒に本物のクルマがついてくるという前代未聞のセットを企画したのは、台湾の少し有名なゲームショップ……ではなく、なんとゲームの発売元であるソニー・インタラクティブ・エンタテインメント台湾(SIE台湾)です。「史上最強!」の文字が躍るSIE台湾のプレスリリースには、商品名「Gran Turismo Sport超級同捆組」というめちゃくちゃカッコいい名称とともにその内容が詳細に記されており、ゲーム本体のほかにPlayStation 4 Pro本体やPlayStation VR、そして10万円クラスのレーシングコントローラー、レーシングシート、ブラビア4K HDRテレビなどに加え、2018年式のマツダMX-5(日本名「ロードスター」)がセット。そして気になる価格は、139万8000台湾ドル(約520万円)となっています。


日本で販売される特別版といえば、上述のように特別デザインPS4とボーナスカーがパックになった「PlayStation 4 グランツーリスモSPORT リミテッドエディション」や、スペシャルブックレットなどがセットになったグランツーリスモSPORT リミテッドエディションといったものがメインですが、実車がプラスになったセットはまさに想像を絶する商品。このバンドル版には以下のアイテムがセットされています。

・ゲーム「グランツーリスモSPORT」 (中英版)
・PlayStation 4 Pro本体 (ジェット・ブラック)
・PlayStation VR豪華フルパッケージ (台湾企画商品:PlayStation Camera、2本のPlayStation Moveコントローラを含む)
・PlayStation Plus 12カ月メンバーシップ
・ブラビア 65V型 4K HDR 有機ELテレビ (モデル: KD-65A1)
・レーシングコントローラー「Thrustmaster T-GT」
・レーシングシート「APIGA AP1」
・2018年式 MAZDA MX-5スポーツカー (色名:「魂動紅」(日本の「ソウルレッドプレミアムメタリック」?))

ちなみに、個別の商品の日本での価格をまとめると以下のとおり。

グランツーリスモSPORT:約6000円
PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB:約5万円
PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版:約5万5000円
PlayStation Move モーションコントローラー:約5200円×2
PlayStation Plus 12ヶ月利用権:5143円
SONY 65V型 有機EL テレビ OLED ブラビア KJ-65A1 4K対応(同等品):約67万円
レーシングコントローラー Thrustmaster T-GT:約8万5000円
レーシングシート APIGA AP1 Professional Racing Simulator 国内正規代理店版 - 製品詳細 | パソコンSHOPアーク(ark)
MAZDA MX-5:(台湾は2リッターエンジン仕様のため日本に同等グレードなし。台湾での価格は132万台湾ドル・約490万円から)

ということでこれらを合計すると、日本円でおよそ580万円になり、バンドル版の価格はロードスターの車体価格よりも60万円ほど安い計算に。台湾の自動車ディーラーでどの程度の値引きが一般的なのかはわかりませんが、考えようによっては新車のマツダ・ロードスターを60万円引きで買うということになるので、実は意外とお買い得だったりするのかもしれません。

・関連記事
山内一典氏によるポリフォニーデジタル社内見学ツアー&グランツーリスモSPORT体験に行ってきました - GIGAZINE

「グランツーリスモSPORT」で実現したかったこと、そして今後の進む先について山内一典プレジデントにインタビュー - GIGAZINE

未来の映像システム「PlayStation VR」の開発責任者・伊藤雅康氏インタビュー - GIGAZINE

VR市場に殴り込みをかけるソニーの「PlayStation VR」開発秘話 - GIGAZINE

ゲームが実車になった「ビジョングランツーリスモ」や自動運転車両など個性的に未来を提案する東京モーターショー2015の日産ブース - GIGAZINE

209

in 乗り物,  ゲーム, Posted by logx_tm