地球外知的生命体に解読されるのを期待し宇宙を漂う「ボイジャーのゴールデンレコード」を搭載したボイジャー探査機に向けて送るメッセージをNASAが募集中


太陽系の外惑星および太陽系外の探査を目的とするボイジャー探査機には、いつか地球外生命体が同機を発見してくれるのを期待して、人類の文化を詰め込んだ「ボイジャーのゴールデンレコード」というレコード盤が搭載されています。このボイジャー探査機の打ち上げ40周年を記念して、NASAが地球からのメッセージを運ぶボイジャー探査機に対して、公募で選んだメッセージを送るという企画を行っています。

Voyager - Send a #MessageToVoyager!
https://www.jpl.nasa.gov/voyager/message/


地球外知的生命体や未来の人類が見つけて解読してくれることを期待し、地球の生命や文化の存在を伝える音や画像が収められているのが「ボイジャーのゴールデンレコード」です。


これがパッケージ。


1977年に打ち上げられた2機のボイジャー探査機に搭載されたボイジャーのゴールデンレコードは、世界各国の人々や動植物、風景など115枚の画像や、さまざまな言語の音声・自然音・クラシック音楽などを収録しており、その内容の一部は以下から閲覧・視聴できます。

地球外知的生命体に解読されるのを待ちながら宇宙を漂う「ボイジャーのゴールデンレコード」の内容を確認できる「Voyager Golden Record」 - GIGAZINE


ボイジャー探査機1が1977年9月5日に打ち上げられてから40年ということで、NASAは記念として一般から寄せられたメッセージをボイジャー探査機1に向けて発信するとのこと。メッセージの応募締切は太平洋標準時の2017年8月15日23時59分で、その後、NASAがピックアップしたメッセージに対して、どのメッセージが発信されるかを選ぶ一般投票が行われ、2017年9月5日に選ばれたメッセージが発信されるとのことです。


メッセージの応募はTwitter、Instagram、Facebook、Google+、Tumblr上に「#MessageToVoyager」というハッシュタグ付きの投稿を行えばOK。メッセージは最大60文字で、A~Zのアルファベット、0~9の数字、および空白と句読点のみが使用できます。メッセージを投稿する時は、かならず公開設定を「一般公開」にし、鍵付きなどにしないよう注意してください。

Voyager 1が地球からどのくらい離れた位置にいるのかなどは以下から確認することが可能。記事作成時点では地球から約130億マイル(約209億2147万2000km)離れた場所にいるとのことですが、9月5日に発信されたメッセージは6日にはVoyager 1に届くとのことです。

Voyager - Where are they Now?
https://www.jpl.nasa.gov/voyager/mission/status/

・関連記事
地球外知的生命体に解読されるのを待ちながら宇宙を漂う「ボイジャーのゴールデンレコード」の内容を確認できる「Voyager Golden Record」 - GIGAZINE

NASAがアポロ計画などの歴史的な音声ファイルの無料公開をSoundCloud公式アカウントで開始 - GIGAZINE

ボイジャー計画40周年記念・ゴールデンレコード復刻版の制作計画が進行中 - GIGAZINE

人類は地球外生命体を宇宙のあちこちで探すべきなのか? - GIGAZINE

地球外生命体が発見されると人類に何が起こるのか? - GIGAZINE

「ワープ航法」は以前よりも現実の領域に近づいたとNASA研究者が語る - GIGAZINE

226

in サイエンス, Posted by logq_fa