名古屋名物「台湾ラーメン」が長崎ちゃんぽんになって混迷極める「リンガーハットの台湾ちゃんぽん」を食べてみた


台湾ラーメン」はその名前に反して愛知県名古屋市の発祥で、いわばスパゲッティ・ナポリタンのような食べ物。その台湾ラーメンをリンガーハット監修でちゃんぽん風にアレンジした「リンガーハットの台湾ちゃんぽん」が2017年8月7日(月)から登場しています。もはやどこの食べ物かわからない混迷を極める名称のラーメンを、実際に食べてみました。

【エースコック×リンガーハット コラボシリーズ】「リンガーハットの台湾ちゃんぽん」が8月7日~販売開始!:長崎ちゃんぽんリンガーハット
http://www.ringerhut.jp/news/20170712_1/

これがエースコックとリンガーハットがコラボした「リンガーハットの台湾ちゃんぽん」


カロリーは1食あたり375kcal。


原材料名を見てみたところ、油揚げめん、スープ、かやくなど、特に変わった材料が入っている様子はありません。スープのベースとしては魚介エキスとポークコラーゲンなどが含まれています。


フタを開けてみると、カップの中にはかやく2袋と粉末スープ、液体スープが入っていました。


かやくは1袋にキャベツ、もう1袋に肉そぼろ、かまぼこ、にんじん、もやしなどが入っていました。


さらに粉末スープを入れて……


お湯を注いでいきます。


待ち時間は5分。


5分後、液体スープを投入し……


しっかり混ぜたら完成。食べてみると、台湾料理によく使われている五香粉の香りが鼻を抜けていきます。真っ赤なラー油がかなり辛そうな見た目で、実際に辛みはやや強いのですが、舌が痛くなるような唐辛子の辛さではなく、山椒のようなさわやかさが感じられる辛さです。一方で、長崎ちゃんぽんのまろやかなコクも確かに存在していました。


一口目はそこまで辛くないのですが、食べ続けているとジワジワと汗をかいていきます。独特の仕上がりでありながら中毒性が高く、夏の暑い時期にぴったりな旨辛ラーメンになっていました。


なお、希望小売価格は税抜240円。全国のスーパーやコンビニで販売中です。

・関連記事
真っ赤なスープで激辛なのになぜか箸が止まらない味仙「元祖台湾ラーメン」を食べてきた - GIGAZINE

にんにく&ニラがガツンと効いた肉ダレとうどんを食べたあとでご飯を突っ込む「台湾まぜうどん にんにく盛り+追い飯」をはなまるうどんで食べてきましたレビュー - GIGAZINE

台湾の夜市ではこのような食べ物や料理を食べ歩くことができる - GIGAZINE

台湾の夜市で1300円出せば12品飲み食いする事ができる - GIGAZINE

台湾の「猫村」には人と猫が共存する優しい世界が広がっていた - GIGAZINE

167

in 試食, Posted by logq_fa