声でスマホを操作できる指輪タイプの骨伝導スピーカー付きウェアラブル「ORII」


空中で指を動かすだけでスマートフォンやPCなどのデジタルデバイスを操作可能になる指輪型のウェアラブル端末「Ring ZERO」は、過去にGIGAZINEでレビューしたことがありますが、指を動かすのではなく指輪をマイク代わりにして声でスマートフォンを操作するというのが「ORII」です。

ORII - Control Your Smartphone Using Only Your Voice by Origami Labs — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/187732114/orii-your-voice-powered-smart-ring

ORIIがどんな端末になっているのかは以下のムービーを見ればわかります。


指輪型のウェアラブル端末がORII


こんな感じで指に装着して使用します。


ORIIは装着者の指をスマートフォンに変身させてしまう、という端末です。


通常、スマートフォンの場合は画面をタップして操作しますが、ORIIは声でスマートフォンを操作します。


ORIIは骨伝導技術を用いることで、耳にあてた指をマイク&スピーカーに変身させます。


骨伝導による振動で音を聞くこととなるので、騒がしい場所でもしっかり音は聞こえるそう。なんと、ORIIは医療用の補聴器レベルのクリアな音を届けてくれるとのこと。


また、小声で話してしっかり認識してくれるので、プライベートな内容が人に聞かれる心配もありません。


もちろんAndroid端末にもiOS端末にも対応。


ORII経由でiPhoneのSiriを使ったり、Googleアシスタントを使ったりすることも可能なので、電話・タイマー・通知・翻訳などさまざまな機能が使えるようになるわけです。


端末カラーはシルバー・ダークグレイ・マットブラックの3種類。


フォーマルからカジュアルまでさまざまなシーンにマッチするデザイン。


さらにはIPX7相当の防滴対応なので手を洗う度にORIIを外す必要もありません。また、筐体部分に使用されているアルミニウムにはアノダイズ処理が施されているので引っかき傷にも強いそうです。


スマートフォンの通知はORIIのLEDライトと振動で知らせてもらうこともできます。


実際にORIIを使ってみてもらった様子。想像以上のクリアな音声に思わず笑顔になってしまう人が続出しています。


ORIIのスペックは以下の通り。デュアルBluetooth 3.0とBluetooth Low Energy 4.0で通信を行い、Android 4.4以降とiOS 9以降に対応。バッテリーはスタンバイ状態なら45時間、通話なら1時間。充電時間も1時間です。


これはORII専用の充電器。


なお、指のサイズに合わせてサイズ調整用の3種類のシリコンゲージがついてくるそうです。


そんな「ORII」はクラウドファンディングサイトのKickstarterで出資を募集中。目標金額は3万ドル(約330万円)だったのですが、記事作成時点で既にその6倍の18万ドル(約2000万円)以上が集まっており製品化はほぼ確実。ORIIをゲットしたい場合は119ドル(約1万3000円)の出資で1つ、230ドル(約2万5000円)の出資で2つ、525ドル(約5万8000円)の出資で5つゲット可能。2018年2月頃の出荷予定となっており、日本への配送には別途送料として15ドル(約1700円)以上が必要となります。

なお、ORIIへの出資期限は2017年8月17日20時32分です。

ORII - Your Voice Powered Smart Ring by Origami Labs — Kickstarter

・関連記事
指を空中で動かすだけでスマホを操作できる指輪型ウェアラブル端末「Ring ZERO」レビュー - GIGAZINE

指をクイっと動かすだけでいろんなものを遠隔操作できる魔法の指輪「Ring」を実際に使ってみた - GIGAZINE

パートナーの心臓の鼓動をリアルタイムで伝えてくれるスマート指輪「HB Ring」 - GIGAZINE

「Apple Ring」の誕生か?Appleが指輪型ウェアラブル端末の特許を出願していたことが判明 - GIGAZINE

指輪にスマホとの連携機能を搭載したスマートリング「Smarty Ring」 - GIGAZINE

108

in ハードウェア,  動画, Posted by logu_ii