注ぐとどんどん凍っていくカフェ・ベローチェの「フリージングコールドコーヒー」を飲んでみた


カフェ・ベローチェがアイスコーヒーとしてはおそらく国内初となる、マイナス5度まで冷やした氷点下アイスコーヒー「Freezing cold coffee(フリージングコールドコーヒー)」を2017年8月1日から始めたので、どれぐらい凍るのか、お店まで飲みに行ってきました。

〜“国内初”、氷点下まで冷やしたマイナス5度のアイスコーヒー〜氷点下アイスコーヒー「Freezing cold coffee」を発売
(PDFファイル)https://chatnoir-company.com/chatnoir-upload/files/news_pdf/cp201707_01.pdf

こんにちは、山田です。本日からいよいよ国内初!!マイナス5度の氷点下アイスコーヒー「フリージングコールドコーヒー」を販売します。取り扱い店舗は、カフェ・ベローチェ 南池袋一丁目店、銀座みゆき通り店、天神一丁目店の3店舗限定です。また、11:00から1日50本限定での販売となります。販売価格 250円(税込) 是非ご賞味ください!!

シャノアール(カフェ・ベローチェ)さんの投稿 2017年7月31日


カフェ・ベローチェはいろんなところにお店を出していますが、「フリージングコールドコーヒー」を扱っているのは銀座みゆき通り店、南池袋一丁目店、福岡天神一丁目店の3店舗のみ。今回は銀座みゆき通り店へ足を運びました。


販売期間は8月1日~8月31日の1ヶ月限定、また、1日限定50杯と、限定づくしの品です。


注文すると、氷の入ったカップと、小さなペットボトル入りのコーヒーを渡されます。


「楽しみ方」によると、ペットボトルのキャップを開けてゆっくりと氷に当てるようにカップに注ぐと、コーヒーがフローズン状になっていくとのこと。


それで氷入りのカップだったわけです。


実際に、できるだけゆっくりとコーヒーを注いでみました。

注ぐと凍るカフェベローチェの「フリージングコールドコーヒー」 - YouTube


氷に当たると確かにそこからコーヒーシャーベットが生まれてきました。氷から離れていくとだんだんシャーベットにはならなくなっていくので、1本丸ごと「コーヒーシャーベット」にするのは難しそうですが、ある程度の量のシャーベットができます。


ストローで持ち上げるとこんな感じ。シャーベットになることで、やや苦みが緩和されているような感じはあるものの、無糖コーヒーなのでアイスクリームのコーヒー味とは違って甘味はなく、「ひんやり苦みが広がる」という感じで、目が覚めるような感覚があります。


氷に張り付いた部分はかなりガッチリとくっついていました。


なお、価格は1本税込250円で、テイクアウトはできません。

・関連記事
キャップを開けた瞬間中身が凍り始めるという「三ツ矢フリージングサイダー」を飲んでみた - GIGAZINE

注ぐだけで凍っていく謎の液体の正体は? - GIGAZINE

触ると固まっていく「インスタント・ホット・アイス」のムービーなど - GIGAZINE

96

in 試食,  動画, Posted by logc_nt