チキンラーメンのひよこちゃんが「食べるの……?」と見上げてくる「チキンラーメンまんじゅう」試食レビュー


チキンラーメンのキャラクターである「ひよこちゃん」の顔をかたどった「チキンラーメンまんじゅう」が2017年8月2日(水)から登場しています。日清が140年の歴史を持つ本高砂屋の協力を得て作ったというチキンラーメンまんじゅうを、実際に食べてみました。

かわいすぎて食べられない? でも食べて欲しい!「チキンラーメンまんじゅう」をインスタントラーメン発明記念館、カップヌードルミュージアム、チキラーハウスで限定発売 | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/news/6171

チキンラーメンまんじゅうを取り扱っているお店の1つが新大阪駅駅ナカのチキラーハウス


入場券を購入して中に入り、チキラーハウスに到着。なお、チキラーハウスでは、チキンラーメン味のソフトクリームなど、ここでしか食べられないオリジナルフードの扱いもあります。


チキンラーメンまんじゅうを発見。価格は税込901円となっています。


購入すると、ひよこちゃんの顔が描かれた袋に入れてもらいました。


ということで、これがチキンラーメンまんじゅう。パッケージはオリジナルのチキンラーメンに似せられています。


カロリーは1個あたり67.4kcal。


原材料名には砂糖・ベビーライマー豆・小麦粉などが並びます。


袋を開けてみると、さらに箱が入っており、中には6つのひよこちゃん型おまんじゅうが並んでいました。


1つ1つ個包装されているので、お土産として購入して配るのもアリ。


お皿に盛ってみると、顔を寄せ合って「食べるの……?」とこちらに尋ねてきているようにも見えます。


3つ並べても全長123.8mmの長辺くらいなので、小さめサイズです。


つぶらな瞳で見つめてくるキャラクターもののお菓子は食べるのが忍びないのですが、ひよこちゃんとは決して目が合わないので、少しは食べやすい……かもしれません。


食べてみると、びっくりするほどに、至って普通のおまんじゅう。皮は少し固めで、黄身あんはしっとり、甘すぎず物足らなさすぎない、適度な甘さです。ひよこちゃんの顔以外にチキンラーメンの要素は一切ないので、チキンラーメン味のソフトクリームのように冒険することなく安心して食べることができます。


「チキンラーメンのおまんじゅうとは……?」とドキドキしながら食べると肩すかしを食らいそうな至ってスタンダードなおまんじゅうですが、パッケージには「チキンラーメン味ではありません」とはっきり明記されています。


また、パッケージ裏面には……


「まんじゅうなので丼鉢に入れてお湯をかけてはいけない」と力強く書かれていました。


なお、チキンラーメンまんじゅうは大阪にあるインスタントラーメン発明記念館内のミュージアムショップと新大阪駅駅ナカにあるチキラーハウス、および横浜のカップヌードルミュージアムで購入することが可能です。

・関連記事
世界に1つしかないカップヌードルを作れる「インスタントラーメン発明記念館」に行ってみました - GIGAZINE

外国人が「カップヌードルミュージアム」から学んだ起業家精神とは? - GIGAZINE

トトロの形のシュークリームが食べられる「白髭のシュークリーム工房」は物語の中に迷い込んでしまったようなお店でした - GIGAZINE

みんなの心に空いた穴を子パンダが埋めてくれるという「シレトコドーナツ」を食べてみました - GIGAZINE

食パンに猫耳の生えた「いろねこ食パン」が登場、実際に並んで購入してきました - GIGAZINE

296

in 試食, Posted by logq_fa