日本一高いビルの展望台から教祖祭PL花火芸術を見てみたら想像以上に良い鑑賞スポットでした


大阪府富田林市で行われる教祖祭PL花火芸術は、毎年8月1日に開催されています。今回、この花火に合わせ日本一高いあべのハルカスの展望台から見られるという機会がありましたので、実際に展望台から見た花火の様子をレポートします。

教祖祭PL花火芸術
http://www.perfect-liberty.or.jp/html/gyouji-pl/kyousosai.html

あべのハルカスは、大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43にあります。


あべのハルカスは、地上300mの日本一高いビルとして2014年3月にオープンした商業ビルで、58階から60階までが展望台となっています。


この日は、特別営業として事前にチケット(3000円税込)を買っておく必要があります。16階にある受付で事前に購入していたチケットを交換すると、展望台の入場券・特別観覧エリアの地図、そして、虹色のリストバンドが渡されました。


専用エレベーターに乗ると45秒ほどで60階に到着。照明が落とされており、薄暗くなっています。


特別観覧エリアは、受付で交換したリストバンドを付けていないと入れません。


59階に降りてみると、こちらの特別観覧席は照明が付いたままなので、ガラガラです。しかし、「花火はばっちり見えます」とのことなので、こちらで余裕を持って見ることに。


20時過ぎ、花火が打ち上がり始めました。なんと、建物内のスピーカーから花火の音が聞こえます。「打上げ現場付近にて花火の音を集音し、ハルカス300内のスピーカーにリアルタイムで流す演出を行います。」ということで、花火と音のズレも1秒程度。花火大会の観覧エリアと同じくらいの感覚で聞こえました。


ただし、上の画像はカメラの望遠レンズを使ってズームしたもので、実際に見るとこのような感じに見られます。写真はブレてしまっていますが、奥の方に見えるオレンジ色の並んだ点が花火です。遠く小さいものですが、肉眼でも花火の星の粒や色が変化する様子など、しっかり確認できます。


前半では、大玉を単発、もしくは2,3発同時に打ち上げて花火玉の芸術性を見せる演出が行われました。


終盤、教祖祭PL花火芸術の名物、締めの一斉打ちのスターマインが始まりました。まずは、小さめの単色の花火の連打から始まります。


開始約40秒後、上がる玉が少し大きくなりました。中継されている花火の音も「パラパラ」という軽い音から「ドンドン」と重い音に変化しています。


ひたすら連打が続きます。大きさが変化して30秒経過した頃から打ち上がるペースが上がり始めました。


徐々に打ち上げ間隔が短くなり、観客がざわつき始めます。花火がキラキラと光るものに変化しました。


変化してから20秒経過、さらに打ち上げのペースが加速して超ハイペースの乱れ打ちの状態に。観客から「すごい」という声が聞こえます。


一瞬、花火が途切れたのち、下から吹き上がるトラと低めの冠(かむろ)が現れると……


続いて、大量の花火が打ち上げられます。


まずは、紅色の中規模の花火が一斉に開き、続けて……


大量かつ特大の冠(かむろ)が豪快に開きました。


開いた花火は紅色に変化。2017年のラストの色は「赤」でした。


続いて「周辺が昼間の様に明るくなる」と言われる程まばゆいばかりの光のフラッシュと爆音の演出で打ち止めとなります。


あべのハルカス展望台から見えるラストの一斉打ちのスターマインは、以下のムービーで確認できます。

日本一高いビル「あべのハルカス」の展望台から「教祖祭PL花火芸術」ラスト一斉打ち - YouTube


はるか遠くの花火を見る事になりましたが、現地の音が中継されていることで臨場感もあり、良い鑑賞スポットだとわかりました。8月5日に行われる「なにわ淀川花火大会」は、さらに近い距離で見られるとのことで、現地だと大混雑の花火大会を「遠くでもいいのでゆったりと見たい」ということであれば、おすすめのスポットですので、検討してみてはいかがでしょうか。(8月2日午前11時現在、「8月5日特別観覧チケット」の入手が可能でした)

・関連記事
約480mもの大輪を咲かせる二尺玉を17発も組みこんだ超特大スターマイン「NTN超特大仕掛」を桑名水郷花火大会で見てきましたレポート - GIGAZINE

圧巻の尺玉100発同時打ちやボリューム満点の尺玉300連発など、大玉大盤振る舞いの花火大会「ぎおん柏崎まつり海の大花火大会」を見てきました - GIGAZINE

「世界と日本の至高の花火を堪能できる花火大会」 と世界の花火関係者が一堂に会す「国際花火シンポジウム」に1週間潜入してきました - GIGAZINE

「プライベート花火」を花火の本場である大曲の花火大会「新作花火コレクション」で打ち上げてみた - GIGAZINE

「花火って作る会社によって違いがあるの?」花火の秘密や花火大会を見るポイントなどを現役の花火師に聞いてきました - GIGAZINE

「冬の花火会社って何をしているの?」花火の知りたい事が分かる動画を制作している花火師にインタビュー、花火工場も見学してきました - GIGAZINE

花火を愛する人を認定する資格「花火鑑賞士」とは、実際に試験を受けてみたレポート - GIGAZINE

気温3度の極寒に耐えながらの花火鑑賞、「第111回長野えびす講煙火大会」は満天の花火の星が光り輝く見事な花火大会でした - GIGAZINE

第28回なにわ淀川花火大会フィナーレ・ラスト花火大連発&水中スターマインのすごいムービーまとめ - GIGAZINE

全国から集まった花火師が匠の技を競い合う「伊勢神宮奉納全国花火大会」のムービー&写真まとめ - GIGAZINE

第60回伊勢神宮奉納全国花火大会、花火打ち上げまでの会場の様子を撮影してきた - GIGAZINE

5000発の打ち上げ花火でスターウォーズの「デス・スター」を作って大爆発させるとこうなる - GIGAZINE

2万発の花火が夜空を彩る秋田大曲の「全国花火競技大会」フォト&ムービーレポート - GIGAZINE

第86回全国花火競技大会「大曲の花火」で、煙竜や煙菊などの昼花火の部を見てきた - GIGAZINE

92

in 取材,  動画, Posted by darkhorse_logmk