発狂して村人32人を殺戮しまくる「八つ墓村」多治見要蔵を立体フィギュアfigma化、まさに「祟りじゃ~っ! 八つ墓の祟りじゃ~っ!」


1977年版の「八つ墓村」山崎努が演じる「多治見要蔵」は桜吹雪をバックに全力疾走してきて、村人を片っ端から32人も殺して回るというシーンがあまりにも鬼気迫りすさまじいことで有名です。どういうシーンかというと、以下のような感じ。

八つ墓村 渥美清 - YouTube


八つ墓村の殺戮シーン集 - YouTube


それがなぜかワンフェス2017[夏]のグッドスマイルカンパニーブースに登場。これです。


おそらく彩色済みでリリースされるはずで、加えて日本刀に銃もオマケで付いてくることでしょう……


好きなポーズでいろいろなフィギュアを追いかけ回すことができるわけです。流行語にもなったという「祟りじゃ~っ!」をまさに地で行く恐ろしさを再現できるはず。


今までも「なぜこれをフィギュアに?」というのが多かったのですが……一体どこの年齢層を狙っているのでしょうか……


figmaに持たせる武器はいろいろなものが既にあるので、「フルアーマー多治見要蔵」みたいなこともできるはずです。


なお、発売時期・価格ともに未定で、原型制作はmonolith、制作協力はマックスファクトリー、そしてちゃんと「1977 松竹株式会社」と明記されていたので、マジです。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2017[夏]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

556

in 取材,  動画,  映画, Posted by darkhorse