エロマンガ先生の「山田エルフ」&「和泉紗霧」が立体化してフィギュアになったまとめ


原作は伏見つかさ、原作イラストはかんざきひろという「俺の妹」コンビがお届けする新たなハートフル兄妹ラブコメという触れ込みで2017年4月開始の1クールアニメとして走りきった「エロマンガ先生」は一体どういうわけなのかはよくわからないのですが、なぜか並み居る予告編の中で第4話「エロマンガ先生」の予告編だけ群を抜いて再生数が多くなっています。

予告動画 TVアニメ「エロマンガ先生」 #4 - YouTube


おそらくYouTubeで検索してそのタイトルとサムネイル画像だけで何か大きな勘違いをしてクリックしているのではないか?という気がしないでもないのですが、ほかの話数についても基本的に「エロマンガ先生」と表記してあり、動画の説明欄にも何か特別なことが書いてあるわけではないので、詳細な原因はわからず、まったくもって謎です。

それはともかくとして、ワンフェス2017[夏]のこのタイミングで立体化をしてすぐにサンプルを出せるということはそれなりにがんばっていた証拠のはずなので、いろいろ集めてみました。

まずはコトブキヤから。「和泉紗霧」、1/7スケールで2017年12月発売、価格は税抜き1万1000円


「山田エルフ」、同じく1/7スケールで発売時期・価格ともに未定


アオシマブースには「和泉紗霧」1/7スケールで発売時期・価格ともに未定、原型担当はユニテック、エルドラモデル(潤)、彩色担当は明智逸鶴。また、ワンフェス2017[夏]の会場限定で彩色前の原型を複製したガレージキットは税込1万3000円で販売されていました。


あみあみからも「和泉紗霧 ~the first volume cover illust ver.~ あみあみ限定Ver.」というのが出る予定となっています

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2017[夏]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

70

in 取材,  動画,  アニメ, Posted by darkhorse