「iPhone 8」の発売時期が2017年終盤までずれこむ可能性


iPhoneの新モデルが発表されるのはAppleが例年9月に開催するイベントでのこと。2017年のイベントでは「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」「iPhone 8」の3機種の登場が期待されてきましたが、そのうち「iPhone 8」については発売が遅れることが予想されています。

プレミアムモデルのiPhone Editionは、2018年度第一四半期前半発売? | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)
http://www.macotakara.jp/blog/rumor/entry-33013.html

Macお宝鑑定団 blogがメーカー情報筋から得た情報によると、「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」「iPhone 8」の3機種は発表が同時であったとしても、発売に関しては「iPhone 8」は2017年終わりまでずれこむ可能性があるとのこと。

「iPhone 8」は、iPhoneの10周年を記念するプレミアムモデルとして作られています。Macお宝鑑定団では、名称は「iPhone Edition」になると予想しています。

10周年記念の次期iPhoneが1000ドル超えの「高級iPhone」になる理由 - GIGAZINE


サイズに関しては、リークされた金型画像から、7sと7s Plusの中間サイズであると考えられています。

新型iPhoneは3モデルでiPhone 8は中間サイズになりそうなことがリークされた金型画像から判明 - GIGAZINE


こうした情報と同時に、製造に遅れが出ているため、初期出荷台数がかなり少なくなることも2017年5月時点で予想されています。

iPhone 8の製造に遅れ、発表直後から品薄になるとアナリストが予想 - GIGAZINE


製造遅れの原因の1つとしては、Touch IDの搭載場所で迷っているという話があります。Macお宝鑑定団の得た情報によれば、サイドボタン側に搭載される可能性も、有機EL全体で使用できるTouch IDが搭載される可能性も低いとのこと。

一方で、iPhoneなどに関して独自の情報網を持ち数々の情報をリークしてきたBenjamin Geskin氏(@VenyaGeskin1)は、鄭州のFoxconnで7s・7s Plus・8の3つのiPhoneが1日200台ずつ作られており、iPhone 8が遅れることはなく、Touch IDの問題もクリアしたとツイートしています。

・関連記事
「iPhone 8」の確定版デザインをForbesがリーク、電源ボタンが巨大化か - GIGAZINE

iPhone 8はカラーリング4色展開で、新色として鏡面仕上げの端末が登場か? - GIGAZINE

「iPhone 8」の新モックアップが登場、複数メーカーからのアクセサリーで「実物」ほぼ間違いなしか - GIGAZINE

115

in モバイル,  ハードウェア, Posted by logc_nt