中国で政府が住民に対してスマートフォンに「監視アプリ」のインストールを強要

by Office of Naval Research

中国・新疆ウイグル自治区の北部に位置するイリ・カザフ自治州で、住民に対して所有するスマートフォンに「監視アプリ」のインストールを呼びかける通知が出されたことを、自由亜州電台(RFA)が報じています。

RFA独家:新疆强迫居民安装手机监控软件 10哈族妇女微信发言被拘
http://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/shaoshuminzu/ql2-07132017112039.html


China is force-installing spyware onto Muslim citizens' phones, to monitor them
http://mashable.com/2017/07/21/china-spyware-xinjiang/

RFAによると、通知はチャットアプリ・微信(WeChat)を用いて2017年7月10日に送られたものだとのこと。

ウイグル語と中国語で書かれた、インストールを求める通知。QRコードが記載されていますが、読み取らないようにしてください。


住民がインストールを求められたアプリは「Jinwang」と呼ばれるもの。目的は「テロリストや違法な宗教に関する映像・写真・ファイル類を所持していないか確認すること」だとのことで、該当するファイルがあった場合は削除を命じられます。

Jinwangをインストールすると微信やSNS「微博(Weibo)」のログ、SIMカード情報、Wi-Fiのログイン情報などがサーバーに送信されてしまうのですが、インストールを拒否したり、一度インストールしたJinwangを削除したりすると、最大で10日間拘束されることがあるとのこと。

中国のユーザーによる解析では、このJinwangは2017年4月に新疆ウイグル自治区・ウルムチ市の警察が開発したというセキュリティアプリ「百姓安全」に似ているとのこと。

乌鲁木齐警方推“百姓安全”APP,市民遇到可疑情况可举报_中国政库_澎湃新闻-The Paper
http://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_1672043

人権NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」のマヤ・ワング上級研究員は、「中国では警察の要求を誰も拒否することができません。特に、新疆ウイグル自治区では厳しい状態です」「当局には公共の安全を守る責任がありますが、こうした大量のデータ収集はプライバシー侵害です」とこのやり方を非難しています。

・関連記事
スマホにマルウェアを感染させ個人の行動を監視する政府向けのサービス「Galileo」の存在が明らかに - GIGAZINE

アップデートに偽装してリモート監視ソフトをインストールしてくる「FinFly ISP」 - GIGAZINE

「スマホの電源がオフの間も監視するマルウェア」はどのように動いているのか? - GIGAZINE

テロ対策で政府が国民監視を強化しても安全につながらない理由を説明するムービー「Safe and Sorry」 - GIGAZINE

257

in ソフトウェア,  メモ, Posted by logc_nt